閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 社会基盤 > 宇宙開発・エネルギー > 再生可能エネルギー > 再生可能エネルギーについての取組 > 畜産バイオマス導入活性化事業業務報告書について

更新日:2021年7月8日

ここから本文です。

畜産バイオマス導入活性化事業業務報告書について

畜産バイオマス導入活性化事業業務報告書について

本県は,平成30年3月に策定した「再生可能エネルギー導入ビジョン2018」において,本県の多様で豊かな資源を最大限に活用し,バイオマスなどの再生可能エネルギーの導入を積極的に促進することとしている。

事業概要

目的

本県は,平成30年3月に策定した「再生可能エネルギー導入ビジョン2018」において,本県の多様で豊かな資源を最大限に活用し,バイオマスなどの再生可能エネルギーの導入を積極的に促進することとしております。また,畜産バイオマス資源は県内に点在し地域におけるエネルギー需要や営農体系等の相違から事業成立条件が多種・多様であるため,具体的な事業化がなかなか進まないのが現状です。このため,畜産バイオマスエネルギー利用に係る情報を調査・整理し,再生可能エネルギー事業者等へ提供することで,畜産バイオマスエネルギー利用拡大及び活性化を図ることを目的としております。

事業内容

令和2年度における業務内容は以下のとおりです。

(1)利用バイオマスの把握・収集方法の検討

(2)エネルギー供給(メタン発酵ガス化)の技術動向調査及び採算性の検討

(3)消化液利用等の検討

(4)事業コストの試算

事業の成果

県内市町村の導入可能性調査を実施し,原料収集方法,メタン発酵ガスの技術・コスト・安全性,消化液の利用等に関して調査・検討,概略モデルの作成,事業コストの試算を行い,事業実施可能性を評価し,事業者に示す情報を収集・整理しました。

畜産バイオマス導入活性化事業業務報告書(PDF:4,479KB)

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部エネルギー対策課

電話番号:099-286-5686

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?