ホーム > 地域振興局・支庁 > 熊毛支庁 > 産業・労働 > 農業 > 普及情報 > 屋久島農業の動き(令和2年2月)

更新日:2020年4月13日

ここから本文です。

屋久島農業の動き(令和2年2月)

屋久島農業経営者クラブ総会を開催

1月31日,屋久島農業経営者クラブ総会が安房地区公民館で開催され,クラブ員関係機関含め20名の参加がありました。昨年は,県議との地域農業を語る会や他支部交流会などが開催され,活発な活動を展開しました。引き続き令和2年度も,同様の活動を行っていくことで承認されました。総会後には懇親会も開催され,普段活動にあまり参加できない会員とも交流できました。今後とも,屋久島農業経営者クラブの活動を積極的に支援していきます。

 

たんかん品評会開催!

2月14日に尾之間地区,20日に原地区でたんかん品評会が開催されました。それぞれ15点,19点が出品され,町,JAと着色や糖度などを審査しました。今年度産は,秋冬季の気温が平年より高く着色がやや遅れたが,糖度は平年より高く,糖酸のバランスがとれた非常に食味の良いたんかんでした。今後も地区の果樹振興が図られるよう,関係機関と連携して支援していきます。

たんかん

 

簿記記帳グループ「アグリネット」決算指導会

2月13日,14日に簿記記帳グループ「アグリネット」(会員47名)が税理士による決算指導会を開催し,両日で37名が出席しました。約7割の会員がパソコンでの記帳を行っており,農林普及課では町と連携しながら初級講座5回,中級講座10回の指導を行い,今年度,新規に取り組み始めた2名も決算まで完了することができました。

経営改善に向けた資金相談会を開催

2月4日,屋久島事務所および管内現地にて,認定農業者2名および認定新規就農者1名の経営改善に向けた資金活用相談会を開催し,関係機関含め8名が参加しました。認定農業者は更なる所得向上のため規模拡大を目指しており,認定新規就農者は青年等就農計画に沿った経営確立を目指しています。相談会の結果,3名とも農業制度資金を活用することとなりました。今後も経営改善計画の作成支援や技術改善指導に取り組み,担い手農家の経営確立を支援してきます。

堆肥コンクールで県知事賞を受賞!

2月6日,ホテルウェルビューかごしまにて,令和元年度県堆肥コンクール表彰式があり,(有)宝珠産業が県知事賞(最優秀賞)を受賞した。受賞堆肥は牛糞を主体とし生ゴミ等を添加した混合堆肥で,出品点数45点の中から,色・臭気・品質等が審査され,入賞を果たしました。出品者は「審査結果をもとに,さらなる良質堆肥の生産に取り組みたい」と抱負を語っていました。今後も屋久島産堆肥を活用した,循環型農業の展開を支援していきます。

堆肥

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

熊毛支庁屋久島事務所農林普及課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?