• ホーム
  • 議会のあらまし
  • 議会の動き
  • 定例会情報
  • 委員会の紹介
  • 議員の紹介
  • 開かれた議会
  • 議会広報

ホーム > 議会の動き > 政策提言・政策条例 > 議員提案による政策条例の取組 > 手話を言語として認識し普及する条例案作成委員会から議長へ「言語としての手話の認識の普及及び手話を使用しやすい環境の整備に関するかごしま県民条例」の条例案について報告を行いました(令和2年3月)

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

手話を言語として認識し普及する条例案作成委員会から議長へ「言語としての手話の認識の普及及び手話を使用しやすい環境の整備に関するかごしま県民条例」の条例案について報告を行いました(令和2年3月)

3月4日,手話を言語として認識し普及する条例案作成委員会(園田委員長)は,「言語としての手話の認識の普及及び手話を使用しやすい環境の整備に関するかごしま県民条例」の条例案に係る報告書を外薗議長に提出しました。この条例案は,手話が言語であるとの認識に基づき,手話の普及等に関する基本理念を定め,県の責務等及び県民等の役割を明らかにするとともに,手話の普及等に関する施策の総合的かつ計画的な推進に必要な基本事項を定めることにより,手話の普及等に関する施策を推進し,ろう者とろう者以外の県民が,相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する地域社会の実現に寄与することを目的にしています。

 

条例案に係る報告書を外薗議長(右から5番目)へ手交する園田委員長(右から4番目)と

条例案作成委員会の委員(左から5番目は桑鶴副議長)

 20200304議長へ報告書を渡す様子

 

 

条例案について説明する様子

20200304議長と意見交換を行う様子

 

このページに関するお問い合わせ

議会事務局政務調査課

電話番号:099-286-5043

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。