• ホーム
  • 議会のあらまし
  • 議会の動き
  • 定例会情報
  • 委員会の紹介
  • 議員の紹介
  • 開かれた議会
  • 議会広報

ホーム > 議会の動き > 政策提言・政策条例 > 議員提案による政策条例の取組 > 手話を言語として認識し普及する条例案作成委員会を設置しました(令和元年9月)

ここから本文です。

更新日:2019年9月25日

手話を言語として認識し普及する条例案作成委員会を設置しました(令和元年9月)

議員提案による手話を言語として認識し普及する条例案を作成するため,「手話を言語として認識し普及する条例案作成委員会」を令和元年9月25日に設置しました。同日,第1回委員会が開催され,委員長に園田豊議員,副委員長にふくし山ノブスケ議員が選出されました。同委員会では,本年度中の条例制定を目指して検討を進めていきます。

手話を言語として認識し普及する条例案作成委員会

1 設置の理由
手話は,音声言語とは異なる語彙や文法体系を有し,手や指,体の動きや表情などにより視覚的に表現される独自の言語である。しかしながら,手話が言語であることやろう者についての県民の理解はいまだ十分に深まっているとは言い難く,ろう者は,社会生活上の生きづらさを抱えている。このような状況にあることから,県,県民,事業者,ろう者等の責務や役割及び市町村との連携,計画の策定及び推進などを定める手話を言語として認識し普及する条例の制定が必要であると,令和元年9月19日,政策立案推進検討委員会が提言したのを受け,令和元年度条例案作成委員会が設置された。


2 委員会の構成
 全ての会派等から選出した議員8名で構成


委員長あいさつ

委員長あいさつ

 

協議の様子

協議の様子1

 協議の様子2

 

条例案作成委員会委員名簿

 

委員名

所属会派等

備考

柴立 鉄平

自民党

 

伊藤 浩樹

自民党

 

鶴丸 明人

自民党

 

園田 豊

自民党

委員長

ふくし山ノブスケ

県民連合

副委員長

成尾 信春

公明党

 

たいら 行雄

共産党

 

東 清剛

無所属

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

議会事務局政務調査課

電話番号:099-286-5043