• ホーム
  • 議会のあらまし
  • 議会の動き
  • 定例会情報
  • 委員会の紹介
  • 議員の紹介
  • 開かれた議会
  • 議会広報

ホーム > 議会の動き > 政策提言・政策条例 > 議員提案による政策条例の取組 > 手話を言語として認識し普及する条例案作成に係る意見交換会を開催しました(令和元年10月)

ここから本文です。

更新日:2019年10月23日

手話を言語として認識し普及する条例案作成に係る意見交換会を開催しました(令和元年10月)

10月23日,手話を言語として認識し普及する条例案作成委員会は,条例案の作成に当たって,本県の手話やろう者をめぐる現状・課題等について,一般社団法人鹿児島県聴覚障害者協会,鹿児島県手話通訳士協会,鹿児島県手話通訳問題研究会,鹿児島県手話サークル連絡協議会,県立鹿児島聾学校PTAの方々との意見交換会を開催しました。
本日の意見交換の結果も踏まえ,引き続き,条例制定に向けて検討を進めてまいります。

 

意見交換の様子 

全体風景

 関係者側

 委員側

このページに関するお問い合わせ

議会事務局政務調査課

電話番号:099-286-5043