更新日:2018年1月19日

ここから本文です。

熊野神社の鬼追い

野神社の鬼追いは、明治始めの廃仏毀釈までは光明寺の主宰でしたが、付近に疫病が流行したので、深川の青年達が再開したものと言われています。
は無数の御幣を身にまといますが、鬼には数え年25歳の厄男がなり、2人の「付け」(付添役)がつきます。鬼は3匹登場し、参道付近を縦横無尽に走り、観衆の中に入ります。観衆は鬼の御幣を取って帰ると1年健康でいられると言われ、鬼から叩かれるのを覚悟しながら近づき、隙を窺います。その格闘が怖いながらも、面白い行事です。
の行事は、仏教行事の修正会(しゅしょうえ)と、日本古層の神思想である来訪神が融合しているとの学説があり、一般には招福除災の性格があると言われています。
1月7日は各地で鬼火焚き行事が行われたり、七草行事があったりと、正月気分からだんだん人々が動き出す頃です。平成6年に県指定無形民俗文化財になりました。
 

公開日時

1月7日

公開場所

開催風景

鬼

鬼2鬼1

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?