更新日:2018年1月19日

ここから本文です。

岩川八幡神社の弥五郎どん祭り

11月3日午前2時に、弥五郎どん起こしの行事が始まります。起こし太鼓を打ちながら神社周辺を廻って神事が行われ、午前3時頃、弥五郎どんの組み立てを始めます。本体は竹籠で25反もある梅染めの木綿の単衣を着せ、高さは4.85メートルあります。午前4時頃、弥五郎どん起こしが行われ、これに参加すると身体が強壮になり、運気ますますめでたくなるといいます。午後1時浜下りとなり、子どもたちに引かれた弥五郎どんが、市街地を練り歩きます。

御旅所の大隅中央公民館で神事があり、岩川小学校の校庭では、約1000人規模の柔道・剣道・弓道・相撲などの武道大会が奉納されます。馬場の通りは出店が軒を連ね、神社の境内では甘酒やこんにゃくが振る舞われます。

伝説によると、弥五郎どんは武内宿弥の化身あるいは隼人族の首領とも言われ、昭和63年県指定無形民俗文化財となっています。
 

公開日時

11月3日

公開場所

岩川八幡神社及び岩川市街地

開催風景

29
28
27

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?