閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2020年7月30日

ここから本文です。

気候変動の影響とその適応策

気候変動の影響及び適応策の主要な7分野

本において適応に取り組むべく,平成27年に「気候変動の影響への適応計画」が策定されました。
こでは,影響が既に生じている,またはその恐れがある主要な7つの分野(「農業,森林・林業,水産業」「水環境・水資源」「自然生態系」「自然災害・沿岸域」「健康」「産業・経済活動」「国民生活・都市生活」)が明示されています。

本県における影響及び適応策

鹿児島県では,現在や将来の気候変動による影響に対し,以下のように7つの分野ごとの適応策を進めています。

(1)農業,森林・林業,水産業

農林水産業分野の気候変動影響やその適応策(リンク)

【区分】

業:水稲,果樹,園芸作物,畜産,病害虫,農業生産基盤

森林・林業:山地災害,治山・林道施設,天然林,特用林産物

産業:海面漁業,海面養殖業,漁業・漁村

(2)水環境・水資源

水環境・水資源分野の気候変動影響やその適応策(リンク)

【区分】

水環境:湖沼・ダム湖,沿岸域及び閉鎖性水域

資源:水供給

(3)自然生態系

自然生態系分野の気候変動影響やその適応策(リンク)

【区分】

域生態系:自然林・二次林,野生鳥獣による影響

水生態系:湖沼,河川

沿岸生態系:亜熱帯,温帯

布・個体群の変動:在来種,外来種

(4)自然災害・沿岸域

自然災害・沿岸域分野の気候変動影響やその適応策(リンク)

【区分】

害:洪水・内水

潮・高波等:海面上昇,高潮・高波,海岸浸食

砂災害:土石流・地すべり等

の他:強風等

(5)健康

健康分野の気候変動影響やその適応策(リンク)

【区分】

熱:死亡リスク,熱中症

染症:節足動物媒介感染症

(6)産業・経済活動

産業・経済活動分野の気候変動影響やその適応策(リンク)

【区分】

光業

(7)国民生活・都市生活

国民生活・都市生活分野の気候変動影響やその適応策(リンク)

【区分】

ンフラ・ライフライン等:水道,交通等

の他:暑熱による生活への影響等

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部環境保健センター

電話番号:099-225-5133

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?