ホーム > 健康・福祉 > 高齢者・介護保険 > 指定事業者全般 > 新型コロナウイルス感染症に係る地域密着型サービス外部評価の実施回数の取扱いについて

更新日:2020年8月25日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に係る地域密着型サービス外部評価の実施回数の取扱いについて

認知症対応型共同生活介護(高齢者グループホーム)事業者の皆さんへ

域密着型サービス外部評価(以下「外部評価」という。)につきましては,鹿児島県地域密着型サービス外部評価実施要領(以下「実施要領」という。)に基づき,外部評価の実施回数に対する緩和措置(2年に1回)を講じているところですが,これにつきましては,新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から,臨時的な取扱いとして下記のとおり取り扱うこととします。

 

1施要領第4条第に基づく実施回数の緩和措置について

1)緩和要件「過去に外部評価を5年間連続して実施していること(要領第4条⑵)」について

型コロナウイルス感染拡大防止の観点から,外部評価を実施しなかった年度は実施回数に含みませんが,連続実施は中断しない取扱いとします。

 

事例1:新規に緩和措置を受けることとなる事業所

平成28年度

平成29年度

平成30年度

令和元年度

令和2年度

令和3年度

令和4年度

実施

実施

実施

実施

未実施

実施

免除

続実施と見なす

 

 

事例2:過去に緩和措置を受けたことのある事業所

平成28年度

平成29年度

平成30年度

令和元年度

令和2年度

令和3年度

令和4年度

実施

免除

実施

免除

未実施

実施

免除

続実施と見なす

 

 

2)緩和要件「運営推進会議を過去1年間に6回以上開催していること(要領4条⑵イ)」について

6回未満の実施であっても,やむを得ない事由があると関係市町村が判断する場合は,要件を満たしているものとして取り扱うこととします。(「適用要件確認書」にやむを得ない事由を記載してください。)

 

2用期間

令和2年4月1日から遡及して当分の間

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部高齢者生き生き推進課介護保険室

電話番号:099-286-2678

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?