ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 資格 > 健康運動実践指導者になるには

更新日:2012年6月5日

ここから本文です。

健康運動実践指導者になるには

健康運動実践指導者とは

健康づくりのための運動実践者に与えられる称号の一つで,医学的基礎知識,運動生理学の知識,健康づくりのための運動指導の知識・技能等を持ち,健康づくりを目的として作成された運動プログラムに基づいて,実践指導を行うことができると認められた方に与えられます。

健康運動実践指導者になるには

健康運動実践指導者の称号を得るには,健康運動実践指導者養成講習会を受講するか,又は,健康運動実践指導者養成校の養成講座を修了して,健康運動実践指導者認定試験に合格し,健康運動実践指導者台帳に登録されなければなりません。
(講習会,養成校の認定,認定試験,登録いずれも公益財団法人健康・体力づくり事業財団(電話:03-6430-9115)が実施)

養成講習会の受講資格

  1. 体育系短期大学又は体育系専修学校(2年制)若しくはこれと同等以上の学校の卒業者(卒業見込みを含む。)
  2. 3年以上運動指導に従事した経験のある者
  3. 1,2と同等以上の能力を有すると認められる者
    (例:運動指導を行う又は行おうとする下表の有資格者)
    健師・管理栄養士・栄養士・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・臨床検査技師
    ん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師・健康運動指導士
    動指導専門研修修了者(ヘルスケア・トレーナー)・スポーツプログラマー2種

関連リンク

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?