ホーム > 産業・労働 > 食・農業 > 農業者・経営 > 人・農地プランについて

更新日:2018年6月19日

ここから本文です。

人・農地プランについて

人・農地プランとは

  1. 人・農地プランとは,人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。
  2. 集落・地域で徹底的に話し合いを行って,人・農地プランの作成・見直しを進めましょう。
  3. 人・農地プランは,毎年話し合って,見直すことが大切です。

内容

  1. 地域の人と農地の現状(地域の概要,近い将来の農地の出し手の状況,等)
  2. 今後の地域の中心となる経営体(個人,法人,集落営農)
  3. 2から見た中心経営体の確保状況
  4. 将来の農地利用の在り方
  5. 4についての農地中間管理機構の活用方針
  6. 今後の地域農業の在り方(地域農業の方向性,活用することが考えうる施策,等)

以下の支援を受けるには,人・農地プランの中心経営体に位置づけられる必要があります

  1. 農業次世代人材投資資金(経営開始型)の給付,独立・自営就農している認定新規就農者(経営開始時の年齢が45歳未満)
    準備型(研修中)は,人・農地プランとの関連はありません。
  2. スーパーL資金の当初5年間無利子化(認定農業者)
  3. 中心経営体等施設整備事業[国の事業名:経営体育成支援事業](適切な人・農地プラン作成地区で経営改善を目指す中心経営体の方)
    支援毎にそれぞれ要件があります。

人・農地プランの作成状況

本県の人・農地プランの作成状況を調査した結果を公表します。

 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

農政部経営技術課

電話番号:099-286-3152

FAX:099-286-5593
E-mail:keieitai@pref.kagoshima.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?