ホーム > 生活安全 > 子供・女性の安全 > 児童虐待から子どもを守るために

ここから本文です。

更新日:2019年11月6日

児童虐待から子どもを守るために

児童虐待とは?

保護者が監護する18歳未満の児童に対して,下記のような行為をすることをいいます。

身体的虐待

児童の首を絞める,殴る,蹴る,タバコの火を押しつけるsin

激しく揺さぶる,投げ落とす,熱湯をかける

溺れさせる,異物を飲ませる,冬戸外に閉め出す

性的虐待

児童に対し淫行をする,児童ポルノの被写体にする

性的暴力,性的行為を強要・教唆する

性器や性行を見せる,性器を触る又は触らせる

 

怠慢又は拒否(ネグレクト)

乳幼児を家に残したまま長時間外出する4

乳幼児を車の中に長時間放置する

着衣を長期間着替えないなどひどく不潔なままにする

適切な食事を与えない,病気になっても医者に診せない

児童が学校に登校する意思があっても登校させない

心理的虐待

暴力的な言動により児童を脅す

他の兄弟姉妹と比べ著しく差別的な取扱いをする

児童を無視したり,拒絶的な態度を示す

「生まれなければよかった」等と児童の心を傷つける言動を繰り返す

児童の面前で配偶者や家族などに対して暴言や暴力を繰り返す

虐待を受けている児童を見つけたら!

虐待は,心と身体の発達に様々な影響を与えるばかりか,子どもに障害残る深い傷を残し,死亡や重度の障害に至るような著しい暴力・放置にエスカレートし,被害を受けた子どもが他人に加害行為を向けたり,虐待が世代間に連鎖する傾向があります。

子どもの未来や生きる権利を奪う児童虐待は,社会全体で考えなければならない深刻な問題です。1

虐待から子どもを救うためには,まわりの大人たちが,早く子どものサインに気づいてあげて,

確実に専門機関につなげることが大切です。

「あれ?この子様子がおかしいな・・・」虐待を受けている子どものサイン

  • 身体に不自然な傷や皮下出血がある

  • 衣服や身体が汚れていたり悪臭を放っているtuho
  • 家から頻繁に親の怒鳴る声や児童の泣き声が聞こえる
  • 夜遅くまで一人で遊んでいる

「虐待かもしれない?」と感じたら,児童相談所や市町村に通告してください。

児童相談所全国共通ダイヤル189

このページに関するお問い合わせ

生活安全部人身安全・少年課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?