ここから本文です。

新政府と鹿児島

応3(1867)年の王政復古の大号令で摂政・関白・幕府が廃止され,総裁・議定・参与の三職がおかれ,新政府が生まれた。つづいて翌年,政府の基本方針を示す五ヶ条の御誓文が発布され,9月には元号が明治と改められた。

治2(1869)年に版籍奉還,明治4年には廃藩置県が行われた。この後,学制公布,太陽暦の採用,徴兵令の公布,地租改正などが実施され,殖産興業も推進された。このような状況の中で,鹿児島でも版籍奉還により藩政が改められ,また廃藩置県によって,鹿児島県と都城県が生まれた。

よくあるご質問

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?