ホーム > 県政情報 > 統計情報 > 分野別統計一覧 > 鉱工業 > 鉱工業指数 > 鹿児島県鉱工業の動向(平成30年7月分)

更新日:2018年9月27日

ここから本文です。

鹿児島県鉱工業の動向(平成30年7月分)

概況(H22=100)

1平成30年7月の鉱工業指数(季節調整済指数)は,生産が前月比0.0%で,出荷が同▲2.2%と低下,在庫が同3.2%と上昇した。なお,原指数を前年同月比でみると,生産が▲0.4%,出荷が▲1.4%と低くなり,在庫が16.7%と高くなっている。また,生産の前年同月比は21ヶ月ぶりに前年を下回っている。

2業種別の生産動向(季節調整済指数)をみると,ハ゜ルフ゜・紙・紙加工品工業(前月比117.5%),はん用・生産用機械工業(同15.2%),プラスチック製品工業(同18.5%)など9業種が上昇し,食料品工業(同▲4.4%),輸送機械工業(同▲8.6%)など6業種が低下している。

 

季節調整済指数

前月比(%)

(季調済)

原指数

前年同月比(%)

(原指数)

 

鹿児島

 

生産

95.3

0.0

90.9

-0.4

出荷

92.1

-2.2

92.9

-1.4

在庫

129.5

3.2

130.7

16.7

九州

生産

106.2

0.1

111.5

0.5

出荷

113.9

2.4

117.1

7.4

在庫

123.1

0.0

124.9

5.8

全国

生産

102.3

-0.2

105.4

2.2

出荷

99.8

-2.0

101.6

1.2

在庫

111.2

-0.2

113.5

2.8

201807suii

 

鹿児島県の鉱工業動向(平成30年7月分)(PDF:537KB)

四半期別動向

平成30年第2期の鉱工業指数(季節調整済指数)は,生産が96.6で前期比1.5%と上昇し,出荷が95.1で同0.4%と上昇し,在庫が128.1で同-2.0%と低下した。

統計表(エクセルファイル)

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画部統計課

電話番号:099-286-2479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?