更新日:2018年1月9日

ここから本文です。

奄美空港

概況

美大島は県本土の南方約380kmの洋上に位置する奄美群島中最大の島で,離島においては,佐渡島に次ぐ第2位の広さを有しております。産業は,さとうきび,果樹を主体とした農業と黒糖焼酎,大島紬の生産が主要となっています。また,猛毒で知られているハブや天然記念物として保護されているアマミノクロウサギ,ルリカケス等のほか絶滅危惧種のリュウキュウアユ等の貴重な動植物が多い島でもあります。
港は,昭和39年,現在の奄美パークの位置に滑走路長1,240mの空港として開港しました。昭和63年には海岸沿いのリーフ上に,滑走路長2,000mを有するジェット空港として,新空港が開港し,その後,平行誘導路,精密進入用灯火,計器着陸装置が設置されました。
京(羽田・成田),大阪(伊丹・関西),福岡,鹿児島,那覇の主要都市のほか,喜界,徳之島,沖永良部・与論といった奄美群島を結ぶ空路が定期路線として開設されており,奄美地域の拠点空港として重要な役割を担っています。

奄美空港航空写真

奄美空港平面図

沿革

日時 内容
昭和36年11月30日 空港設置許可(旧空港)
昭和39年3月17日 第3種空港政令指定
昭和39年6月1日 供用開始(R/W1,240m×30m)
昭和57年9月3日 空港設置許可(新空港R/W2,000m×45m)
昭和60年7月4日 航空灯火設置許可(CAT-1)
昭和62年4月6日 空港施設変更許可(供用形態の変更1~3期)
昭和62年5月27日 航空灯火変更許可(1~4期)
昭和62年9月3日 航空灯火変更許可(PAPI)
昭和63年7月10日 空港施設供用開始(1期R/W2,000m×45m)
航空灯火供用開始(1期間照明,PALS420m)
平成元年7月24日 航空灯火変更許可(転回灯,SALS)
平成元年9月21日 航空灯火供用開始(2期PALS900m)
平成2年7月1日 空港施設供用開始(2期陸帯150m→300m)
航空灯火供用開始(3期CAT-1)
平成5年3月2日 空港施設変更許可(A/P拡張等の変更3~4期)
航空灯火変更許可(4~4期)
平成7年2月21日 航空灯火変更許可(R/W灯等)
平成7年6月22日 空港施設供用開始(3期行T/W,A/P拡張)
航空灯火供用開始(4期行T/Wに伴う)
平成8年5月23日 空港施設供用開始(4期行T/W,A/P拡張)
航空灯火供用開始(5期行T/Wに伴う)
平成9年5月22日 航空灯火供用開始(R/W灯等)
平成16年12月6日 航空灯火変更許可(高輝度誘導案内灯)
平成17年6月30日 空港施設変更許可(A/P拡張)
航空灯火変更許可(A/P拡張に伴う)
平成19年9月27日
空港施設変更供用開始(A/P拡張)
航空灯火変更供用開始(A/P拡張に伴う)
平成21年8月18日 航空灯火変更許可(CCR用無停電電源装置)
平成23年4月7日 航空灯火変更供用開始(CCR用無停電電源装置)
平成28年9月7日 航空灯火変更許可(SALS光度変更)


奄美空港ターミナルビル

諸元



項目 概要
名称 奄美空港
設置管理者 鹿児島県
所在地 鹿児島県奄美市
標点位置 北緯28度25分51秒経129度42分45秒
標高 4.2m
告示面積 1,096,081平方メートル
滑走路 2,000m×45mLA-12
着陸帯 2,120m×300mC
誘導路 2,383m×23~30m
エプロン 331.5m×190mMJ-1,SJ-2,プロペラ-3,大型ヘリ-1)
駐車場 241台
照明施設 精密進入用灯火1式
無線施設 VOR/DME,ILS
運用時間 8時00分~19時30分(11.5時間)
奄美空港利用状況

空港供用規程

問い合わせ先

運航に関する問い合わせ

施設の使用許可等に関する問い合わせ

奄美空港管理事務所番号:0997-63-0277

ターミナルビルに関する問い合わせ

 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾空港課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?