• 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2014年11月18日

種子島空港

概況

子島は県本土の南方約43kmの洋上に位置する細長い島で,西之表市,中種子町,南種子町の1市2町からなり,島の総人口は約3万1千人です。
暖な気候と平坦な畑地に恵まれ,さとうきび,さつまいも等の畑作物や肉用牛等の畜産が盛んです。また,戦国時代の戦を革命的に変えた「鉄砲伝来の島」,宇宙に橋をかける「ロケットの島」,島全体が最高のサーフスポットである「サーフィンの島」として全国的にも有名な島でもあります。
空港は,昭和37年に中種子町の市街地に隣接する位置に滑走路長1,100mで供用開始しされ,その後,滑走路の延長やエプロンの拡張等が実施され,滑走路長1,500mの空港として利用されてきました。新空港は,旧空港から北に約8kmの所に位置し,小型ジェット機が就航できる2,000mの滑走路を有する空港として,平成4年から建設がおこなわれ,平成18年3月16日に県の離島空港の中で,徳之島,奄美空港に次ぐジェット空港として開港しました。

種子島空港航空写真

種子島空港平面図

沿革


日時 内容
昭和33年12月16日 空港設置許可
昭和33年12月25日 第3種空港政令指定
昭和37年7月27日 供用開始(R/W1,100×30m)
昭和43年8月12日 空港施設変更許可(R/W1,100m→1,500m)
昭和47年1月6日 航空灯火設置許可(昼間照明)
昭和47年11月25日 航空灯火変更許可(夜間照明)
昭和48年5月19日 空港施設変更供用開始(R/W1,500m)
昭和48年9月20日 航空灯火供用開始(夜間照明)
昭和54年6月13日 航空灯火変更許可(A/P灯)
昭和54年9月17日 空港施設変更許可(A/P拡張)
昭和55年7月1日 空港施設変更供用開始(A/P拡張)
航空灯火供用開始(A/P灯)
平成2年4月12日 航空灯火変更許可(PAPI)
平成3年3月9日 航空灯火供用開始(PAPI)
平成4年11月17日 新空港設置許可(R/W2,000m×45m)
平成4年11月26日 新空港第3種空港政令指定
平成5年1月11日 新空港航空灯火設置許可(CAT-1)
平成18年3月16日 旧空港供用廃止
新空港供用開始(R/W2,000m×45m)
新空港航空灯火供用開始(CAT-1)
平成20年6月13日 名称変更(新種子島空港→種子島空港)


種子島空港ターミナルビル

諸元



項目 概要
名称 種子島空港
設置管理者 鹿児島県
所在地 鹿児島県熊毛郡中種子町
標点位置 北緯30度36分18秒経130度59分30秒
標高 234m
告示面積 1,110,963平方メートル
滑走路 2,000m×45mLA-2
着陸帯 2,120m×300mC
誘導路 210m×23m
エプロン 185m×90m(SJ-1,プロペラ-2,小型機-1)
駐車場 240台
照明施設 精密進入用灯火1式
無線施設 VOR/DME,ILS
運用時間 8時30分~18時30分(10時間)


新種子島空港利用状況

空港供用規程

問い合わせ先

運航に関する問い合わせ

施設の使用許可等に関する問い合わせ

種子島空港管理事務所電話番号:0997-27-5111

ターミナルビルに関する問い合わせ

種子島空港ターミナルビル株式会社電話番号:0997-27-5151
 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾空港課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る