• 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2014年11月18日

徳之島空港

概況

之島は,奄美大島の南西に位置する周囲89kmの奄美群島内で2番目に大きな島で,徳之島町,天城町,伊仙町の3町からなり,島の総人口は約2万5千人です。
之川岳(645m)を最高標高として急傾斜の山々が島の中央を走り,島を東西に両断しています。海岸線は,断崖奇岩や白い砂浜が各所に現れるなど変化に富み,沿岸はリーフが発達しています。島の主要産業は農業で,耕地面積とさとうきびの生産額は奄美群島中最大であります。また,500年の歴史があるといわれる闘牛で有名な島でもあり,1,5,10月の日曜日に本場所が行なわれるほか,年間20回程度の大会が島のあちこちで開かれています。
港は,東亜航空(株)の場外飛行場として,昭和37年に島の北西部海岸のリーフ上に設置されました。その後,県に移管され滑走路長1,200mの空港として供用開始し,昭和55年6月には,滑走路長2,000mを有する空港として,本県離島で初めてジェット化を実現しました。

徳之島空港航空写真

徳之島空港平面図

沿革

日時 内容
昭和36年11月15日 飛行場設置許可(東亜航空(株))
昭和37年2月23日 供用開始(R/W1,080m×30m)
昭和45年10月24日 設置者の地位継承許可(東亜航空(株)→鹿児島県)
昭和47年1月27日 空港設置許可
昭和48年2月27日 第3種空港政令指定
昭和48年6月1日 供用開始(R/W1,200m×30m)
昭和50年2月14日 航空灯火設置許可(昼間照明)
昭和50年10月18日 空港施設変更許可(R/W2,000m×45m)
昭和51年8月10日 航空灯火供用開始(昼間照明)
昭和53年7月24日 航空灯火変更許可(LLZ対応)
昭和53年11月3日 空港施設変更供用開始(1期R/W1,200m×45m)
昭和54年6月13日 航空灯火変更許可(進入灯)
昭和55年6月1日 空港施設変更供用開始(2期R/W2,000m×45m)
航空灯火変更供用開始(夜間照明)
昭和56年6月15日 航空灯火変更供用開始(進入灯)
平成元年6月7日 航空灯火変更許可(R/W灯等)
平成2年7月1日 航空灯火変更供用開始(RCLL,TWCL)
平成3年6月1日 航空灯火変更供用開始(RTHL,REDL,RCLL)
平成4年4月2日 航空灯火変更許可(PAPI,RAI)
平成5年3月5日 航空灯火変更供用開始(PAPI,RAI)
平成11年6月24日 航空灯火変更許可(地上型灯器型式変更)
平成13年7月12日 航空灯火変更供用開始(地上型灯器型式変更)


徳之島空港ターミナルビル

諸元

項目 概要
名称 徳之島空港
設置管理者 鹿児島県
所在地 鹿児島県大島郡天城町
標点位置 北緯27度50分11秒経128度52分53秒
標高 2.3m
告示面積 526,375平方メートル
滑走路 2,000m×45mLA-2
着陸帯 2,120m×150mC
誘導路 270.6m×23m,144.7m×18m
エプロン 120m×85m,110m×70m
(SJ-2,プロペラ-2)
駐車場 224台
照明施設 進入灯,進入路指示灯,夜間着陸用灯火一式
無線施設 VOR/DME,LLZ,対空通信施設
運用時間 8時30分~18時30分(10時間)


徳之島空港エプロン利用状況

供用規程

問い合わせ先

運航に関する問い合わせ

施設の使用許可等に関する問い合わせ

徳之島空港管理事務所電話番号:0997-85-2238

ターミナルビルに関する問い合わせ

徳之島空港ビル株式会社電話番号:0997-85-2271
 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾空港課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る