• 許認可届出(様式提供)
  • 県の計画
  • 資格・検定・試験
  • 融資

ここから本文です。

更新日:2014年12月17日

沖永良部空港

概況

永良部島は,徳之島の南西約46kmの位置する周囲55kmの隆起珊瑚礁の島で,和泊町,知名町の2町からなり,島の総人口は約1万4千人です。
高標高は大山(246m)で比較的平坦地が多く農地に恵まれています。主要作物は花き類で,春になると島全体がフリージアやエラブユリに覆われ「花の島」とも呼ばれます。また輸送野菜としてばれいしょうの生産も盛んです。島の地下には200以上の鍾乳洞があり,とりわけ,昇龍洞や水蓮洞は規模,景観とも優れており様々な造形を演出しています。
港は島の最北端にある国頭岬の丘陵地に位置し,昭和44年に滑走路長1,200mの空港として供用開始し,平成10年度からは当空港に就航するサーブ機の旅客制限緩和のための滑走路延長事業及びDHC-8-Q400型機対策として,滑走路等舗装強度変更を実施し,平成17年度に1,350mの滑走路長で供用開始しました。

沖永良部空港航空写真

沖永良部空港平面図

沿革

日時 内容
昭和42年6月15日 空港設置許可
昭和44年5月1日 供用開始(R/W1,200m×30m)
昭和44年5月31日 第3種空港政令指定
昭和50年2月14日 航空灯火設置許可(昼間照明)
昭和51年8月1日 航空灯火供用開始(昼間照明)
昭和58年6月15日 航空灯火変更許可(予備電源)
昭和59年5月2日 航空灯火変更供用開始(予備電源)
平成4年4月2日 航空灯火変更許可(PAPI)
平成5年3月5日 航空灯火変更供用開始(PAPI)
平成11年3月19日 空港施設変更許可(R/W1,350m×45m)
平成14年8月30日 空港施設変更許可(滑走路等強度変更)
平成17年5月12日 空港施設変更供用開始(R/W1,350m×45m,滑走路等強度変更)


沖永良部空港駐車場写真

諸元

項目 概要
名称 沖永良部空港
設置管理者 鹿児島県
所在地 鹿児島県大島郡和泊町
標点位置 北緯27度25分54秒経128度42分20秒
標高 26.8m
告示面積 398,351平方メートル
滑走路 1,350m×45mLA-4
着陸帯 1,470m×150mE
誘導路 62.5m×18m
エプロン 165m×70m(プロペラ-3)
駐車場 130台
照明施設 昼間着陸用灯火1式
無線施設 VOR,TACAN,対空通信施設
運用時間 8時30分~18時30分(10時間)【4月1日~9月30日】
8時30分~17時30分(9時間)【10月1日~3月31日】


沖永良部空港利用状況

空港供用規程

問い合わせ先

運航に関する問い合わせ

施設の使用許可等に関する問い合わせ

沖永良部空港管理事務所電話番号:0997-92-0520

ターミナルビルに関する問い合わせ

沖永良部空港ビル株式会社電話番号:0997-92-0221
 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾空港課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ戻る