閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > くらし・環境 > 消防・くらし安全 > くらし安全 > 交通安全 > 令和4年度「年末年始の交通事故防止運動」の実施について

更新日:2022年11月7日

ここから本文です。

令和4年度「年末年始の交通事故防止運動」の実施について

運動の目的

年末年始は,早朝,夕暮れ時,夜間の交通事故が増加する傾向にあります。そのため,県民総ぐるみで交通事故防止運動を展開し,広く県民に交通安全意識を持たせ,交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけることで,交通事故の防止を図ることを目的とします。

期間

令和4年12月10日(土曜日)から令和5年1月10日(火曜日)まで

スローガン

末年始ナーアップで故防止

運動の重点

朝,夕暮れ時,夜間の交通事故防止
「3(サン)ライト運動」,「プラス1(ワン)運動」の展開~
横断歩道における歩行者保護意識の醸成~

ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
全席ベルト着用!!「します・させます運動」の展開~

転車利用時の交通ルールの遵守とマナーの向上
「かごしま自転車条例」の更なる理解促進~

飲酒運転等の危険運転の防止
「飲酒運転8(やっ)せん運動」の展開~
安全に停止できる速度と車間距離の保持~

 

年末年始チラシ表年末年始チラシ裏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和4年度年末年始の交通事故防止運動実施要綱(PDF:516KB)

令和4年度年末年始の交通事故防止運動チラシ(PDF:1,508KB)

 

【重点1】
早朝,夕暮れ時,夜間の交通事故防止

  • 歩行者の皆さん!
    年末年始は,早朝,夕暮れ時や夜間の交通事故が多くなります。
    外出する時は,必ず,夜光反射材を身に着けましょう。
    また,道路を横断するときは,左右の安全をしっかりと確認し,交通事故にあわないようにしましょう。
  • 運転者の皆さん!
    横断歩道は歩行者優先です。
    信号機のない横断歩道に横断歩行者がいたら必ず一時停止して,その通行を妨げないようにしましょう。
    また,日没30分前にはライトを点灯し,対向車や先行車がいない場合にはライトを上向きにしましょう。

☆プラス1(ワン)運動

歩行中の交通事故を防ぐため
横断時の確認をプラス1(道路中央付近でももう一度左を確認)
・夜光反射材をプラス1
・明るい服装をプラス1

の3つを習慣つけるもの。

☆3(サン)ライト運動

夜間における交通事故の背景として薄暮時の無点灯や下向きライトによる歩行者等の発見の遅れが要因となっていることから,前照灯の点灯開始時期や点灯方法,点灯すべき場所での確実な前照灯の点灯習慣を運転者に定着させることを目的に,「3(サン)ライト」運動と銘打ち,3つのフレーズで呼びかけるもの。

・夕暮れ時の早めのライト点灯
・原則上向きライト点灯
・トンネル内ライト点灯

【重点2】
全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

  • 全ての座席のシートベルト着用は法律で定められています。
    後部座席を含む全ての座席のシートベルト着用を徹底しましょう。
    小さいお子さんには,体に合ったチャイルドシートを選び,正しく取り付けるようにしましょう。

☆「全席ベルト着用!!『します・させます運動』」

4つの「します」,「させます」のフレーズにより後部座席を含む全席でのシートベルト着用と子どものチャイルドシート着用を呼びかけるもの。

・車を運転するならシートベルトをします
・車に同乗するならシートベルトをします
・子ども(幼児)にはチャイルドシートをさせます
・後部座席を含む全席にシートベルトをさせます

【重点3】
自転車利用時の交通ルールの遵守とマナーの向上

「かごしま自転車条例」を守りましょう!(※平成29年3月施行)

  • 自転車利用者等の自転車損害賠償保険等への加入は義務です!
  • 中学生以下の子どもにヘルメットを着用させるのは保護者の義務です!
  • 自転車購入者に対する自転車損害賠償保険等への加入の有無の確認は,自転車販売業者の義務です!

(※)そのほかの自転車利用者のヘルメット着用についても努力義務となっています。

☆かごしま自転車安全利用五則

⑴自転車は,車道が原則,歩道は例外
⑵車道は左側を通行
⑶歩道は歩行者優先で,車道寄りを徐行
⑷安全ルールを守る
○飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
○夜間はライトを点灯
○交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
⑸ヘルメットを着用

【重点4】
飲酒運転等の危険運転の防止

  • 飲酒運転は重大な犯罪です!二日酔い運転も絶対に許されません!
  • 一人一人が飲酒運転を絶対にしない、させないという強い意志を持って飲酒運転を根絶しましょう!
  • あおり運転は重大な事故に繋がる危険な行為です。
    心と時間に余裕を持ち、「おもいやり運転」を心掛けましょう!

☆飲酒運転「8(やっ)せん運動」

飲酒運転の禁止のみならず,飲酒運転車両への同乗や運転者の酒類提供の禁止等を鹿児島弁の「やっせん」になぞって8つのフレーズで呼びかけるもの。

・酒を飲んだら運転しません
・運転するなら酒は飲みません
・酒を飲んだ人には運転させません
・酒を飲んだ人には車は貸しません
・運転する人には酒はすすめません
・酒を飲んだ人の車には同乗しません
・使用者は,従業員に飲酒運転を命じたり,認めたりしません
・酒を飲んだら自転車にも乗りません


よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部男女共同参画局くらし共生協働課

電話番号:099-286-2523

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?