ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 精神保健福祉 > 鹿児島県てんかん地域診療連携体制整備事業について

更新日:2020年3月4日

ここから本文です。

鹿児島県てんかん地域診療連携体制整備事業について

県では,てんかんの治療を専門的に行う県内の医療機関1か所を「てんかん診療拠点機関」として指定し,専門的な相談支援,他の医療機関や患者・家族等の連携・調整等を図り,てんかん診療における連携体制を整備するため,鹿児島県てんかん地域診療連携体制整備事業を実施します。

てんかん診療拠点機関について

県では,令和元年12月25日に,てんかん地域診療拠点として鹿児島大学病院を指定しました。

てんかん診療拠点機関は,次に挙げる業務を担います。

  • てんかん患者及びその家族への専門的な相談支援及び治療
  • 県内の医療機関等への助言・指導
  • 関係機関との連携・調整
  • 医療従事者,関係機関職員,てんかん患者及びその家族等に対する研修の実施
  • てんかん患者及びその家族,地域住民等への普及啓発

など

鹿児島県てんかん治療医療連携協議会について

てんかん診療における連携体制を整備するため,鹿児島県てんかん治療医療連携協議会を設置し,拠点機関の事業計画等を含めた,てんかん対策について協議を行います。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部障害福祉課

電話番号:099-286-2754

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?