閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

更新日:2024年1月25日

ここから本文です。

畜産学部養豚科の主な取組

校内プロジェクト・意見発表会(令和51220日)

全校学生が一堂に会し,校内プロジェクト・意見発表会が開催されました。
各学科の代表が,プロジェクト学習の成果や,農業・農村についての意見を発表し,日頃の学習成果を競いました。

養豚科からは,意見発表の部で1名,プロジェクト発表の部で1名の代表者が発表し,意見発表の部で坪内悠真さんが2席となりました。
残念ながら,九州大会代表へは選出されなかったものの,審査委員長からは「いずれの発表もレベルが高く,優劣付けがたい」との講評をいただきました。

意見発表
意見発表の部(1年坪内悠真)

「私の東京農業への挑戦!~放牧養豚で新規就農者になる夢~」(外部サイトへリンク)

プロジェクト発表
プロジェクト発表の部(2年木暮千尋)
「アニマルウェルフェアを追求するために~理想の養豚経営を目指して~」(外部サイトへリンク)

農家留学研修(令和5年10月2日~11月10日)

農業大学校では,実践教育の一環として,先進農家等において40日間の農家留学研修を行っています。
養豚科でも,県内各地の養豚法人経営で研修させていただきました。
研修期間中には,学生と受入農家,地域振興局や地元関係機関を交えての現地巡回等が行われました。

大規模養豚の管理技術だけでなく,経営管理や農村生活などにもふれる貴重な機会となりました。

肥育豚の出荷作業
肥育豚の出荷作業

大規模な母豚ストール舎
大規模な母豚ストール舎

超音波ドップラー法による妊娠鑑定実習(令和5年10月26日)

養豚科農場では,早期に安全かつ確実な妊娠鑑定方法として,超音波ドップラー法を実習しました。
超音波のドップラー効果を利用して子宮動脈の拍動を検出し,ヘッドホンで聴取することにより妊娠の有無を鑑定する方法です。

超音波ドップラー法1
超音波ドップラー法2

研究プロジェクト実績発表会(令和5年9月19日)

畜産学部3学科合同で,研究プロジェクト実績発表会を行いました。
これは,2年生が各個人の研究プロジェクト実績を論文形式にまとめて発表するものです。

皆緊張した様子ながら,1年間取り組んだ成果をしっかりと発表することができました。
農業開発総合センターの農業専門指導員や畜産試験場の研究員を助言指導者に招き,多くのアドバイスをいただきました。最終的な実績まとめに活かしていきます。

実績発表資料より
実績発表会資料より

登壇し発表する2年生
登壇し発表する2年生

プロジェクトの食味試験(令和5年7月26日)

養豚科では,研究プロジェクトの一環としてアニマルウェルフェアの実践型飼育管理を導入しています。
45期生がプロジェクトの締めくくりとして,アニマルウェルフェア試験豚(柵なし分娩+放牧肥育)と通常飼育豚(柵あり分娩+柵飼い肥育)の比較食味試験を行いました。
学校関係者に2種類の豚バラ肉をしゃぶしゃぶで食べ比べてもらい,味・香り等を評価してもらいました。結果はプロジェクトまとめに活かしていく予定です。

食味試験案内看板
食味試験の案内看板

試食を行う学生
しゃぶしゃぶを試食しアンケートに回答する

畜産学部北海道研修(令和5年7月11日~14日)

新型コロナウイルス感染症に関する社会的状況は落ち着きつつありますが,海外での研修はまだ難しい中,畜産学部では研修先を国内(北海道)に変更し,3泊4日の視察研修を行いました。

まず,畜産学部3科合同で帯広畜産大学を訪れ,北海道での先進的な畜産の取り組みを学びました。
その後,養豚科は希少種のマンガリッツァ豚の放牧に取り組む牧場を訪問し,レストランでその肉を利用したサンドイッチを堪能しました。

北海道の大自然やおいしい農水産物も満喫し,充実した4日間となりました。

放牧豚
マンガリッツア豚の放牧

マンガリッツア豚サンドイッチ
マンガリッツア豚サンドイッチ

集合写真
3学科そろっての集合写真(サッポロ場外市場)

経営プロジェクト実績発表及び計画検討会(令和5年7月7,10日)

畜産学部では,1年生の7月から2年生の6月までの1年間,各科農場を学生主体で運営する「経営プロジェクト」に取り組みます。45期生から46期生に農場を引き継ぐタイミングで,1年間の経営プロジェクトの実績発表(45期生)及び計画検討(46期生)会が行われました。

養豚科45期生の実績は,繁殖成績・育成率ともに前年度を上回り,肥育成績も良好でした。指導教官からは,「3人という少ない人数ながら,日常管理や豚舎清掃に熱心に互いに協力して取り組んでいた。歴代最も清潔な農場だった。」との講評でした。しかし,飼料等の高騰により,所得は前年度を下り,養豚経営の難しさを痛感する貴重な経験を積むことができたようです。
46期の計画では,繁殖成績をより向上させつつ,肥育の上物率を高めることを目標に掲げています。先輩からのアドバイスを受けながら,目標達成に向け頑張ってください。

実績発表(2年生)
実績発表する45期生(2年生)

計画発表(1年生)
計画発表する46期生(1年生)

計画発表スライドより
計画発表のスライド表紙より

研究プロジェクト中間検討会(令和5年5月30日)

畜産学部3学科では,研究プロジェクト中間検討会を行いました。
これは,2年生が現在取り組んでいるプロジェクト学習の経過をまとめて発表し,残された課題の抽出やとりまとめ方法の検討を行うものです。
各学科の1年生や畜産学部の講師陣も参加し,活発な意見交換が行われました。


研究プロジェクト発表
登壇し発表する2年生

農場での様子
農場で楽しく研究プロジェクトに取り組む

新入生対面式(令和5年4月)

養豚科農場にて,1年生と2年生の対面式を行いました。
互いに自己紹介を行い,農場を担当する2年生が農場の紹介を行いました。

鹿児島農大の養豚科は,全国の農大でも珍しい,繁殖から育成・肥育・出荷までを一貫して学ぶことができる環境です。農場には,大型豚の他に鹿児島を代表する黒豚(バークシャー種)も飼育しています。

1年生の皆さん,2年生からたくさん学んで,多くのことを吸収してください。

対面式
養豚科1年生・2年生集合

黒豚親子
黒豚の母子

ワクチン接種
1年生が母豚にワクチンを接種

「ヤンマー学生懸賞論文・作文」で最高賞の金賞受賞(令和5年2月)

次世代を担う若者たちに農業と農村の未来について自由な発想を論じてもらうことを趣旨として開催される「ヤンマー学生懸賞論文・作文」。第33回の募集に対し,鹿児島農大から論文4編,作文19編を応募しました。

先日,リモートで入選発表会が行われ,作文の部において養豚科1年の木暮千尋さんが最高賞の金賞を受賞しました。(題:私の心を変えた「大きな発見」~異国の養豚から教えられたこと~)
また,本校全体で12編が入賞する快挙となりました。入賞者の皆さん,おめでとうございます。

リモートによる入選発表会
リモートによる入選発表会

金賞の盾と副賞
金賞の盾と目録

受賞者集合
畜産学部入賞者の先輩方と記念撮影(卒業式にて)

畜肉加工実習(令和5年2月1,2日)

酪農科と養豚科1年が合同で畜肉加工実習を行いました。
農村生活研修課の先生方から加工手順や衛生管理の注意点について説明があり,実習開始です。
大きな豚バラブロックにピックル液を注入し,タンブラーで攪拌することで短時間で均一に味を染みこませ,燻煙してベーコンを作りました。
豚腸と羊腸を使った本格的なフランクフルトとウインナー,オーブンでじっくりと焼きあげた焼豚も作りました。

ピックル注入
豚バラブロックにピックル液を注入(ベーコン)

スタッファー
スタッファーでの腸詰め作業(ウインナー)

完成品
左から完成したフランクフルト,ウインナー,ベーコン,焼豚

家畜人工授精師講習会(令和5年1月)

家畜人工授精師の免許取得に向けた家畜人工授精師講習会が,3週間にわたり行われました。
家畜人工授精に関する関係法規や人工授精等の講義と実技を集中的に学びました。

講義
人工授精に関する講義

精液採取
バークシャー種での精液採取

校内プロジェクト・意見発表会(令和4年12月15日)

農業大学校の教育の大きな柱であるプロジェクト学習の成果や,農業・農村についての自分の意見を発表する,校内プロジェクト・意見発表が開催されました。

養豚科からは,プロジェクト発表の部に2年生の中原葉子さんが「子豚への代用乳給与による発育改善の検討」と題して発表しました。これは,哺乳初期に母乳が十分摂取できず,虚弱になる子豚に代用乳を補助的に給与することで,子豚の発育改善につなげようとする取り組みです。

たいへん緊張した様子でしたが,練習の成果を発揮し,落ち着いて堂々と発表できました。

プロジェクト発表
プロジェクト発表:子豚への代用乳給与による発育改善の検討

発表会の様子
全校生徒が一堂に会しての発表会

研究プロジェクト発表会(令和4年9月9日)

畜産学部では,3学科合同の研究プロジェクト発表会を開催しました。

これは,2年生が1年間の専攻実習や農場管理を通じて取り組んできた個人別の研究プロジェクトを論文形式にまとめ発表するもので,4年制大学での卒業論文発表会にあたります。

農業開発総合センターの研究員や専門指導普及指導員にも助言指導いただき,1年生からも多くの質問がありました。

豚発表
登壇し発表する2年生

オープンキャンパスで養豚科を紹介(令和4年8月21日)

5月22日,8月9日に続き,今年度最後のオープンキャンパスが行われました。

養豚科は,家畜防疫の観点から農場内での体験学習は実施しませんでしたが,外周から農場施設を案内し,鹿児島黒豚のビデオ紹介を行いました。
また,学生が養豚科の学校生活の紹介と参加者との質疑応答を行いました。

参加いただいた皆さん,ありがとうございました。

農場案内
農場施設を案内

養豚科紹介
学生による養豚科の紹介

よくあるご質問(畜産学部養豚科)

よくあるご質問(全体共通)



 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

農政部農業開発総合センター農業大学校

電話番号:099-245-1071

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?