更新日:2016年12月16日

ここから本文です。

古仁屋港

古仁屋港は、奄美大島南部に位置し大島本島と加計呂麻島間の大島海峡に2,750haにもおよぶ広大な水域を有する港湾です。かつては旧日本海軍の基地として栄えた歴史もありますが、現在は避難港として指定され多くの船舶が避難や休憩に寄港します。古仁屋市街地の前面海域は古仁屋漁港として指定され、鹿児島や奄美各港を結ぶ定期船が就航しています。
古仁屋港位置図
古仁屋港航空写真
●問い合わせ先:
瀬戸内事務所建設課
〒894-1506 大島郡瀬戸内町古仁屋船津36
TEL: 0997-72-1231

港湾の指定状況

地方港湾 港則法 避難港
検疫港 出入国 植物検疫
     

定期航路

航路名 船舶名 航路経路 事業者名 便数 備考
奄美・喜界 フェリーきかい 鹿児島~湾~名瀬~古仁屋~平土野(~知名) 奄美海運(株) 2便/週 フェリー
フェリーあまみ 鹿児島~湾~名瀬~古仁屋~平土野(~知名) 3便/週
瀬戸内 フェリーかけろま 古仁屋~加計呂麻島 瀬戸内町 7便/日 フェリー
せとなみ 古仁屋~請島~与路島 1便/日 貨客船

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部港湾空港課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?