ホーム > 危機管理・防災 > 災害に備えて > 災害への備え > 急な大雨から身を守るために

更新日:2021年6月10日

ここから本文です。

急な大雨から身を守るために

気象情報や周囲の状況に注意しましょう

急な大雨は、発達した積乱雲がもたらす大雨は、雷を伴って短時間に狭い範囲で激しく降ります。
降り始めから、わずか十分程度で中小河川が増水したり、低地や道路のアンダーパス(線路や道路をくぐる地下部分)が冠水し、災害が発生することがあります。
また、川の上流で降った大雨により急に増水し、大雨が降っていない下流で水難事故が発生することがあります。

急な大雨から身を守るためには,最新の気象情報を確認することが大切です。局地的大雨になりやすい気象状況かどうか,警報や注意報は発表されていないか,雨雲が近づいてこないかなどを確認するとともに,周囲の状況の変化に注意を払い,天候の急変に備えることが必要です。
気象状況や周囲の状況に異変を感じたら,すぐに避難しましょう。
 
 
 

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

危機管理防災局災害対策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?