更新日:2018年7月26日

ここから本文です。

株式会社鹿児島銀行の環境活動

式会社鹿児島銀行は,平成20年4月17日,県と「かごしま環境パートナーズ協定」を締結し,森林保全活動や環境教育の推進等,環境保全活動に積極的に取り組んでいます。

環境を育む企業の森林づくり等への参加

「郷土の恵み豊かな自然環境を保全するとともに,良好な自然環境を将来の世代に引き継ぐために環境保全の取組の一環として「かごしま環境パートナーズ協定」に基づき,平成20年度から継続して県営林の除間伐を実施しています。

 

  • 除間伐:33.51haの除間伐

年度

H20

H21

H22

H23

H24

H25

H26

H27

H28

H29

面積(ha)

3.70

4.54

3.86

2.97

3.10

3.09

3.08

3.06

3.03

3.08

33.51

 

また,毎年11月に開催される「九州森の日植樹祭」の植樹活動に参加しています。

「環境を育む企業の森林づくり」の看板設置
「環境を育む企業の森林づくり」の看板設置

間伐実施により整備された県営林
鹿児島銀行により整備された県有林

森林整備によるCO2吸収量の認証

「環境を育む企業の森林づくり」で整備した鹿児島市の森林について,「かごしまCO2吸収量等認証制度」により,森林整備による二酸化炭素吸収量の認証を受けています。

  • CO2吸収量認証(認証期間5年)

年度

H23

H24

H25

H26

H27

H28

H29

CO2吸収量(tーCO2)

120

132

106

121

116

121

87

CO2吸収量認証書

認証証明書

 

 

環境保全に寄与する商品・サービスの提供

かごしま再生可能エネルギーファンド

平成27年7月10日に鹿児島ディベロップメント株式会社,鹿児島県及び一般社団法人グリーンファイナンス推進機構,当行で「かごしま再生可能エネルギーファンド」を共同で設立致しました。

ファンドは鹿児島県の地域特性を活かした再生可能エネルギー事業等への投資による地域産業の振興,雇用創出,地域活性化を目的としております。

鹿児島県において高いポテンシャルを有し,導入が期待されている「地熱発電」,「バイオマス発電(焼酎かす,家畜ふん尿)」,「小水力発電」等の再生可能エネルギー事業を主な投資対象としております。

かぎん環境格付融資制度

成23年3月から,環境配慮型経営を実施する事業者をサポートするため,全業種を対象として独自の基準で環境配慮型経営について評価する「かぎん環境格付融資制度」を設けております。

 

かぎん環境格付」とは,環境配慮型経営(5分野計31項目)を定量面および定性面により包括的に評価することで,単に取組結果だけを評価するのではなく,環境配慮に取り組む企業に気付きの提供や改善活動に向けた専門知識の提供,また,課題解決のための設備投資をサポートすることで,企業価値の向上を目指すものです。

省エネ・省資源活動による,環境負荷軽減活動の実践

「かぎんエコエコ運動」,「かぎんエコアクション」の展開

成22年4月から,全店,全従業員に対して,「省エネ」や「節電」を呼びかける運動を展開し,地球温暖化防止に取り組んでいます。

の結果,平成28年度の電気使用量は平成22年度比約33%の削減を達成しました。

た,温室効果ガス排出抑制の取り組みに対し,鹿児島県より「優秀賞」を受賞しました。

環境に配慮した店舗づくり

環境負荷軽減活動の一環として,環境に配慮した店舗づくりを実施しています。

平成23年6月崎支店:太陽光発電設備の設置,屋上・壁面緑化

平成25年4月元支店:店舗で使用する電力量相当を発電できる太陽光発電設備の設置

平成26年6月鹿屋支店:太陽光発電設備の設置

地域に密着した環境保全活動,美化活動,環境教育の実践

環境保護活動を行う団体への寄付

成19年度から28年度,夏・冬キャンペーン期間中にATM・インターネットバンキングご利用による定期預金のご成約に対して,1回当たりのコスト削減相当額(10円)を環境保護活動の一環として,地元の環境保護活動を行う団体に寄付を行いました。

 

成30年度も,引き続き環境保全活動に取り組むこととしています。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部地球温暖化対策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?