ホーム > 地域振興局・支庁 > 北薩地域振興局 > 地域情報 > 北薩地域将来ビジョン

更新日:2011年12月26日

ここから本文です。

北薩地域将来ビジョン

北薩地域の皆様へ

現在,我が国は,国,地方とも大変厳しい財政状況にあり,また,グローバル化の急速な進展や本格的な人口の減少,高齢化社会の到来など,社会のあらゆる面において大きな変革期を迎えています。
こうした影響は本県にも及んでいますが,一方で,本県は,豊かな自然や個性のある歴史,文化,多様な食材など,他県に誇れる「本物。」の素材に恵まれており,また,アジアの時代を迎えた今日,南に開かれている本県は,アジアの玄関口として大きな飛躍を図ることも可能であると考えられています。
 
そういう中において,北薩地域は,矢筈・八重山・紫尾の3山系とその間に広がる川内川流域部と出水平野部,また,甑島や長島・獅子島などの島嶼もあり,豊富な水,広大な農地,豊かな森林資源,恵まれた海洋資源など多彩な資源を有し,自然,歴史,文化,食材など,本県の中でも特に「本物。」の素材に恵まれているといえます。
また,原子力発電所等のエネルギー基地があり,重要港湾である川内港等が整備されるとともに,食品加工業や先端技術産業等の立地が進んでおり,さらに,九州新幹線の全線開業や南九州西回り自動車道,北薩横断道路の整備等により,人や物の流れなどが今後大きく変わるものと考えられます。
これらの大きな変革期の中にあって,北薩地域においては,郷土に夢と誇りを持ち,素晴らしい自然・歴史・文化を守りながら人々の知恵を出し合って,活力ある魅力的な地域づくりに挑戦していく必要があると考えています。
 
そこでこの度,県民,地元市町,県議会,有識者の皆様等のご意見を踏まえ,おおむね10年程度の中長期的な観点から,北薩地域のあるべき姿や進むべき方向性をお示しする「北薩地域将来ビジョン」を策定しました。
今後は,先に策定された「かごしま将来ビジョン」とともに,この「北薩地域将来ビジョン」に基づき,地域の皆様とともに全力をあげて魅力的な地域づくりに励み,活力ある北薩地域としてあり続けたいと考えています。
 
終わりに,このビジョン策定に当たり,広範な分野にわたって貴重な御意見・御提言をいただきました多くの方々に対し,心から御礼を申し上げます。
 
平成22年3月
鹿児島県北薩地域振興局長丸岡憲治

北薩地域将来ビジョンの構成

表紙

目次

体系図

第1章北薩地域将来ビジョンの策定趣旨

第2章時代潮流と北薩地域の主な特性

第3章北薩地域が目指す将来の姿

第4章挑戦すべき課題と取組の方向性

挑戦1安心・安全な地域社会づくり
挑戦2人と自然が調和する地域社会づくり
挑戦3地域の特性を生かした産業おこし
挑戦4北の玄関口としての交流ネットワークの形成
挑戦5離島の振興
挑戦6地域の特色を生かした観光振興
挑戦7教育・文化・スポーツの振興

第5章将来ビジョンの実現に向けて

本編

PDF形式

第5章(533.1KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

北薩地域振興局総務企画部総務企画課

電話番号:0996-25-5104

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?