閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 社会基盤 > 宇宙開発・エネルギー > 再生可能エネルギー > 再生可能エネルギーについての取組 > 実証フィールドにおいて海流発電実証試験が実施されました

更新日:2020年2月21日

ここから本文です。

実証フィールドにおいて海流発電実証試験が実施されました

口之島・中之島周辺海域は,海流発電の適地として,平成29年6月28日に国の海洋再生可能エネルギー実証フィールドに選定されました。
当海域において,平成29年夏,世界初と言われる海流発電の実証試験が実施されました。

実証試験の概要

実施者

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

株式会社IHI

実証試験機の概要

名称いりゅう

定格出力100kW(50kW×2基)

 

実施内容

  • 曳航試験

時期成29年7月

場所海峡

成果100kWを出力

 

  • 係留試験

時期成29年8月

場所島村口之島沖(国の海洋再生可能エネルギー実証フィールド)

成果30kWを出力

 

 

海洋再生可能エネルギー実証フィールド及び鹿児島県の取組について

海洋再生可能エネルギー実証フィールド及び鹿児島県の取組について

実施者発表資料

NEDO及び株式会社IHIによる発表資料(外部サイトへリンク)

 

 


よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部エネルギー対策課

電話番号:099-286-2431

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?