更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

地震災害への備え

わが家の地震対策

1家の中の逃げ場として安全な空間をつくる

◆部屋がいくつもある場合は、人の出入りが少ない部屋に家具をまとめて置きましょう。
◆無理な場合は、少しでも安全なスペースができるように配置換えをしましょう。

2 家具の転倒や落下を防ぐ

◆家具と壁や柱の間に遊びがあると倒れやすいです。
◆家具の下に小さな板を差し込んだり、転倒防止器具を使って壁や天井に固定します。

3 寝室、子どもやお年寄りのいる部屋には家具を置かない

◆就寝中に地震に襲われると危険です。
◆子どもやお年寄り、病人などは逃げ遅れる可能性があります。

4 安全に避難できるように、出入口や通路には物を置かない

◆家具など倒れやすいものを置くと、いざというとき出入口がふさがれてしまいます。

地震発生時の行動

1まずわが身の安全を図れ!

何よりも大切なのは命。地震を感じたら、まず第一に身の安全を確保する。

2すばやく火の始末!あわてず、さわがず冷静に

激しい揺れが収まったら、「火を消せ!」とみんなで声をかけ合い、調理器具や暖房器具などの火を確実に消す。

3脱出口を確認する!

特に鉄筋コンクリートの建物内にいるときは、閉めたままだと建物が歪み、出入口が開かなくなることがある。

4火が出たらまず消火を!

「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも協力を求め初期消火に努める。

5外へ逃げるときはあわてずに!

外に逃げるときは、瓦やガラスなどの落下物に注意し、落ち着いた行動を。

6山崩れ、がけ崩れ、津波に注意する!

山間部や海岸地帯で地震を感じたら、早めの避難を。

7狭い路地、塀ぎわ、がけや川べりに近寄らない!

ブロック塀・門柱・自動販売機などは倒れやすいので要注意。

8避難は徒歩で、荷物は最小限にする!

指定された避難場所に徒歩で避難する。車は使わない。

9みんなが協力し合って応急救護

お年寄りや身体の不自由な人、ケガ人などに声をかけ、みんなで助け合う。

10正しい情報をつかむ!

特に鉄筋コンクリートの建物内にいるときは、閉めたままだと建物が歪み、出入口が開かなくなることがある。
うわさやデマに振り回されない。テレビやラジオで正しい情報を。

津波から身を守るために

過去に何度も大津波を経験している三陸地方には「津波てんでんこ」という言い伝えがあります。これは、「津波が来たら、親も子もない。『てんでに』逃げないと命は助からない」という意味だそうです。
鹿児島県でも過去に津波による被害が発生しています。
決して対岸の火事ではないのです。

津波注意報が発表されたら・・・
強い地震や長い時間の揺れを感じたら・・・
ただちに海岸から離れ                                        津波警報が発表されたら・・・
急いで高台などの                                             海岸にいる人はただちに
安全な場所に避難する!                                             海岸から離れる!
地震を感じなくても、津波警報が発表されたら直ちに避難             津波注意報でも海水浴や釣りは危険!

●津波の速さはジェット機なみ

津波が太平洋を伝わる速さは、ジェット機なみにもなります。
海岸近くでも秒速10m程度の速さなので、津波が見えてからではとても逃げ切れません。

●津波の高さは想像を超える

津波の高さは海岸の地形などに大きく左右されます。
沿岸での予想される津波の高さが1mでも、津波はその数倍から場合によっては10倍程度の高さになります。

●引き潮がなくても津波は襲ってくる

津波の前に、引き潮が必ずあるとは限りません。
地震の起こり方や、震源付近の地形によって、津波の来襲にはさまざまなパターンがあります。

●津波は繰り返し襲ってくる

津波は2回、3回と繰り返し襲ってきます。1回目で安心はできません。波が落ち着くまで注意し、警報、注意報が解除されるまで海岸に近付かないようにしましょう。

■地震に強い建物にするために

◆木造家屋の補強方法

地震でも倒れない強い建物にする方法をご紹介します。詳しくは最寄りの建築士にご相談ください。

お問い合わせ先:鹿児島県建築士事務所協会 099-223-6363

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

危機管理局危機管理防災課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?