ホーム > 県政情報 > 統計情報 > 分野別統計一覧 > 国勢調査 > 17年国勢調査 > 平成17年国勢調査結果(第1次基本集計結果 住居の状態)

更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

平成17年国勢調査結果(第1次基本集計結果 住居の状態)

住居の状態


住居の状態をみると,住宅に住む一般世帯の持ち家率は66.0%で,平成12年に比べ0.9ポイント低下している。また,住宅に住む一般世帯の1世帯当たりの延べ面積は,平成12年の84.8平方メートルから86.1平方メートルと広くなっている。
 
表1住居の状態

平成17年
平成12年
持ち家率
1世帯当たり延べ面積
1人当たり延べ面積
持ち家率
1世帯当たり延べ面積
1人当たり延べ面積
66.0
86.1
36.5
66.9
84.8
34.7

市町村別住居の種類別一般世帯数(エクセル)(28.5KB)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部統計課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?