ホーム > 県政情報 > 統計情報 > 分野別統計一覧 > 国勢調査 > 17年国勢調査 > 国勢調査による県人口の推移

更新日:2010年1月8日

ここから本文です。

国勢調査による県人口の推移

大正9年に実施された第1回国勢調査では,鹿児島県の人口は141.5万人。
戦前の昭和10年国勢調査では,159.1万人であったが,終戦直後の昭和22年臨時国勢調査では,復員・引き上げ等により174.6万人となった。
その後,第1次ベビーブーム(昭和22年~24年),奄美群島の復帰(昭和28年)等により人口は増加し,昭和30年には204.4万人となったが,この年をピークに減少に転じた。
昭和50年~昭和60年には,人口増となったものの,その後は,再び減少が続き,平成17年国勢調査では175.3万人となった。
一方,世帯数は,人口が減少している時期を含めほぼ一貫して増加が続いている。
 
 
H17国勢調査(人口・世帯数の推移)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総合政策部統計課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?