更新日:2019年2月21日

ここから本文です。

最新のニュース&トピックス

NEWS

 特訓の成果を発揮!

世間がバレンタインで浮かれ気味な2月14日、本校では建築大工職種の技能五輪鹿児島県大会が開催され、熱戦が繰り広げられました。この大会で優秀な成績を上げると、愛知県で開催される第57回技能五輪全国大会に県代表選手として推薦されます。また、一定水準以上の成績を修めた人には技能証が交付され、2級技能士を受験する際に実技試験が免除されます。さらに、県大会に年齢枠で出場できない訓練生は、それぞれ国家技能検定2級及び3級を受験しました。

建築工学科1年生は、この日のために年末から特訓を積み重ねてきました。今年は全国大会での上位入賞及び全員合格を目標に、例年よりもハードな練習量を課しました。当日は22歳以下の訓練生15名が県大会で技を競い、23歳以上の訓練生5名が技能検定に挑戦しました。特訓の成果もあり、全員が標準時間内に完成させ、例年以上に出来映えの良い作品が並びました。合格発表は月15日、全国大会推薦者決定は5月中旬の予定です。訓練生の皆さんお疲れさまでした!

その他の大会の様子は、『鹿児島県立宮之城高等技術専門校フェイスブック(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

 川舟お披露目!

かつて島津藩の城下町であった宮之城には、伝統的な川舟が残っています。川内川は、熊本、宮崎、鹿児島の3県を流れており、江戸時代に年貢米を積んで、川内川を行き来していました。宮之城の川舟は、舟底が波のようにうねっていて、急な流れをのぼる時に水の抵抗を少なくするための工夫がされているそうです。また、舟の先におもりをつける滑車がついていて、滑車が、急流を下る時にブレーキの役割を果たしています。瀬と呼ばれる急流がいくつもある川内川で、アユ釣りをするのにも最適です。

今回、室内造形科の訓練生が修了製作として、川舟を作りました。現物から採寸し、図面に起こすなど、試行錯誤しながらの製作だったようです。建築工学科の訓練生も船大工のような仕事ぶりに興味津々!材料調達や板材の曲げ加工、舟釘を串木野船具で入手したことなど、製作過程の苦労話をお聞きしました。先日、ようやく塗装までこぎ着け、噂を聞きつけた南日本新聞社が取材に訪れました!ところで進水式はいつかな!?

その他の様子は、『鹿児島県立宮之城高等技術専門校フェイスブック(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

 「応用実習」奮闘中!

建築工学科2年生が修了製作を兼ねて、敷地内に模擬家屋を建設中です!「日本建築は屋根、西洋建築は壁の建築」とよく言われますが、日本の屋根は、その気候風土に合わせ、雨や雪、そして強い陽射しを遮り、暮らしを快適なものにしてくれます。また、機能面だけでなく住まいの印象を決定づける重要なデザインの要素となります。今回のテーマは「大屋根がデッキにかかる和モダンスタイルの家!」・・・薪ストーブがあれば最高です!!

その他の様子は、『鹿児島県立宮之城高等技術専門校フェイスブック(外部サイトへリンク)』をご覧ください!

過去の記事

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部宮之城高等技術専門校

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?