ホーム > 県政情報 > かごしまの紹介 > かごしまの概要 > 歴史・文化 > 原始・古代 > 唐仁古墳群(東串良町)

ここから本文です。

更新日:2011年2月23日

唐仁古墳群(東串良町)

肝属川の河口に近い微高地にある132基の古墳群で前方後円墳が4 基あります。県内最大の古墳群です。中心となる1号墳は大塚古墳と呼ばれ、墳長140m、濠まで含めて185m、高さ11mと県内で最大、九州内でも3番目の大きさです。後円部にある竪穴式石室は中が朱塗りで、舟型石棺が置かれていました。また、短甲と呼ばれる鎧(よろい)も副葬されていました。
[昭和8(1934)年、国指定史跡]
  • 場所
    東串良町の南部にある標高5~7mの砂丘上に立地します。
  • 資料展示
    東串良町郷土資料館
  • 問い合わせ先
    東串良町社会教育課(電話:0994-63-3131)

このページに関するお問い合わせ

教育庁文化財課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?