閉じる

  •  
 
 

閉じる

 
 

ホーム > 鹿児島インターネット放送局 ムーブ!かごしま > 1CH こんにちは。知事です! > 知事記者会見 > 三連休,春休みを迎えるに当たっての感染防止対策の再徹底について

更新日:2022年3月17日

ここから本文です。

三連休,春休みを迎えるに当たっての感染防止対策の再徹底について

本県におきましては,県民の皆様のご協力のお陰で,現時点ではまん延防止等重点措置の終了後の新規感染者数のリバウンドということは見られていないと思っておりますが,急速な減少が見られた昨年の夏とは異なり,減少のスピードは緩やかものとなっております。

これから卒業,入学,就職,転居など春の異動期を控えて,県外との往来や,卒業式,入学式,歓送迎会,今週末も3連休がございます。それに続く春休み,そして,お花見など,人と接触する機会も増えてくると思います。これまでも,こうした人流の拡大に伴って感染が拡大してきたことから,この三連休を前に,もう一度,県民の皆様に感染防止に向けた取組を徹底していただくよう,お願いしたいと思います。

これからの異動シーズンにおいて,外出される場合,混雑した場所や感染リスクの高い場所を避けていただき,離島や県外に移動する際には,体調管理をしっかりと行っていただき,時期の分散やPCR検査等の活用を含めて,「うつらない」,「うつさない」行動を心がけていただきたいと思います。また,感染の不安がある方は,県内各地にあります無料のPCR検査会場をご活用いただければと思います。喉の痛みや,発熱,倦怠感など少しでも体調の異変を感じた場合には,早めにかかりつけ医等の地域の医療機関にご相談をいただきたいと思います。

これから,歓送迎会などの機会も増えると思いますが,会食等に際しては,第三者認証を取得した店舗など感染防止対策を徹底している店舗を選んでいただき,店舗の感染防止の取組にご協力いただくとともに,引き続き,同一グループの同一テーブルでの飲食は4人以下ということをお願いしたいと思います。

そのほかに,基本的な感染防止対策の徹底についてもお願いしたいと思います。改めて感染リスクが高い状況にあるということをご認識いただき,三密の回避,マスクの着用,こまめな手洗い,手指消毒,定期的な換気など,基本的な感染防止対策をしっかりと行っていただくようお願いいたします。無症状の方もオミクロン株の場合は多いことから,知らないうちに「感染する」,あるいは「感染させる」リスクがあります。お孫さんや親族など近い関係者と会う際にも感染防止対策の徹底を心がけていただきたいと思います。また,ワクチンの2回接種された方が感染するいわゆるブレークスルー感染も多く見られますので,2回ワクチンを接種された方も油断することなく,感染防止対策の徹底にご協力ください。

ワクチンの追加接種につきましては,1回目,2回目と異なる交互接種の場合も,抗体量の十分な上昇,発症予防効果の回復等の効果が報告されておりますので,接種を希望される方は,早めの接種をご検討いただければと思います。また,今月から,準備のできた市町村において順次,5歳から11歳の小児に対するワクチン接種も開始されております。接種にあたっては,メリットとデメリットを十分にご理解いただいた上で判断をして,接種を希望される方は早めの接種をお願いいたします。県においては,ワクチン接種に対する正しい知識持っていただくために,感染症の専門家が交互接種や副反応などに関する質問にわかりやすくお答えする動画を作成して,明日から県のホームページでご覧いただけるように準備をしておりますので,ぜひご覧いただければと思います。

今回の第6波では,高齢者施設や児童施設,学校において感染拡大が起きたことから,これらの施設,学校の職員の方を対象として,施設内に感染を持ち込まないための,PCR検査を3月31日まで県内各地で引き続き順次実施しております。これらの施設,学校の職員の方には,積極的に活用いただきたいと思います。

また,宿泊療養施設についてですが,県では,感染された方で入院が必要でない方については,宿泊療養施設での療養をお願いしております。高齢者や基礎疾患のある家族と同居している方で,自宅における感染防止対策が困難な方には優先的に,入所のご案内をしております。ご自身の療養だけでなく,家庭内感染の拡大防止のためにも,まず宿泊療養施設への入所について,皆様のご理解・ご協力をいただきたいと思います。

本県における感染拡大のリバウンドをなんとしても防ぐために,引き続き,強い警戒感を持って,感染防止対策の徹底にご協力をよろしくお願いいたします。

令和4年3月17日
鹿児島県知事
塩田康一

1CH 新着情報

12月21日更新

年末年始を迎えるに当たっての県民の皆様へのお願い (新型コロナウイルス感染症の感染防止対策)

新型コロナウイルス感染症については,全国的に感染拡大が続いており,まさに第8波が到来しております。

本県においても,新規感染者数が12月10日には1,000人を超え,その後,前週の同じ曜日と比較して,1.3倍から2倍の高い水準で推移しております。

本日も2,500人程度と,昨日と同様に2,000人を超える新規感染者数が確認されております。

感染は,都市部を中心に県下全域で拡大しております。また,全ての年代で増加しておりますが,特に,10歳未満や10歳代の子どもたち,そしてその親世代となる30歳代や40歳代の方たちに感染が多くみられます。

感染は,家庭内のほか,学校における部活動や寮内,高齢者施設等で多く確認されております。

感染が増加している要因としては,寒くなってきたことに伴い,家庭などで換気が不十分となる場合があることや,ワクチン接種や自然感染により獲得した免疫が,次第に低下してきていることなどの影響があるのではないかとの指摘がございます。

現在,病床使用率は徐々に上昇し,昨日,50パーセントを超える水準となっております。また,重症患者は2人,酸素投与が必要な中等症Ⅱの患者は64人となっております。今夏の感染者の増加を踏まえた保健・医療提供体制の重点化や強化も図っており,現時点では医療提供体制が逼迫しているという状況にはありませんが,このまま新規感染者数の増加傾向が継続しますと,今夏と同様に,重症化リスクの高い高齢者への感染拡大,そして,重症患者の増加や医療提供体制の逼迫も懸念されます。

現時点においては,警戒基準は「レベル2」を継続することとし,新たな行動制限を行うことは考えておりませんが,県民の皆様には,本県の感染状況を改めてご理解いただき,特に,次の点に注意してお過ごしいただきたいと思います。

これから本格的な冬を迎えます。寒い時期は窓を閉め切りがちになり,感染が広がりやすくなります。家庭や職場内においては,暖房の際も定期的に,できれば30分に1回以上,数分間程度窓を開けるなど,十分な換気を行うようお願いいたします。

この冬は,感染の再拡大や季節性インフルエンザとの同時流行による多数の発熱患者の発生が懸念されています。
年末・年始においては,久しぶりにご家族や親族の皆様と過ごす方も多いことと思います。また,受験生にとっては大切な時期かと思います。
ご自身の健康を守るため,また高齢者の方や小さいお子さん,大切な方への感染予防として,新型コロナワクチンと,インフルエンザワクチンの早めの接種をご検討ください。

軽い発熱や喉の痛みといった軽症の方は,外来診療の混雑を避けるため,なるべく平日・日中の受診をお願いいたします。

また,年末年始は休診となる医療機関も多くなり,速やかに受診できない場合も考えられます。
発熱等の体調不良時に備えて,新型コロナの検査キットや解熱鎮痛剤等をあらかじめ準備していただくことをおすすめいたします。

64歳以下の方など重症化リスクの低い方で陽性となられた場合は,コロナ・フォローアップセンター鹿児島に登録していただき,自宅療養をお願いいたします。
同センターでは,年末・年始も通常どおり相談できる体制を確保しておりますのでご活用ください。

冬休みやお正月などに,普段会わない方との接触機会が増加します。帰省や旅行の際には,体調管理をしっかりと行っていただきたいと思います。

県では,県下303か所において,無料のPCR等検査を1月末まで延長して実施しており,今月24日から1月12日までは,帰省や旅行で来られる県外の方も無料検査の対象となります。

無症状であっても感染の不安のある方や,旅行・帰省の際は,積極的に県の無料検査等をご活用いただきたいと思います。

本年1月には,成人式に合わせて開催した同窓会など友人との会食を起因とした感染も多く見られました。
成人式等のイベントに参加される際には,なるべく人との距離を確保するとともに,近くで会話するときは,マスクを着用し,大声は避けていただきたいと思います。

年末年始にかけて,忘年会や新年会への参加,友人や親戚,ご家族での会食の機会も増えてくることと思います。
会食については,第三者認証店など,感染防止対策を徹底しているお店をご利用いただき,引き続き,マスク会食などの感染リスクを下げる取組や,お店の感染防止の取組へのご協力をよろしくお願いいたします。

喉の痛みや倦怠感など少しでも体調の異変を感じた場合には,帰省や旅行,成人式などのイベント,忘年会・新年会への参加はもちろん,移動・外出を控えていただくようお願いいたします。

国内で新型コロナウイルスが確認されてから3年が経過しようとしております。この間,県民の皆様の命を守るために,日夜献身的に貢献していただいております医療従事者の皆様,そして,感染防止にご協力いただいている県民の皆様方に改めて感謝を申し上げます。

先ほども申し上げましたが,本県における新規感染者数は増加傾向となっております。気を緩めると,感染が急拡大し,この波が更に大きくなる可能性があります。

今夏の爆発的な感染拡大を忘れることなく,県民お一人お一人が,「感染しない」,「感染させない」ということを意識し,それぞれの場面に応じたマスクの着用やこまめな手洗いなど,基本的な感染防止対策に,引き続き取り組んでいただきますようお願いいたします。

県民の皆様方の責任ある行動が,ご自身だけでなく,大切なご家族,友人,周りの方々の健康と命を守るとともに,地域の医療を支えていくことに繋がります

県民の皆様におかれましては,健やかにクリスマスとお正月を迎えるためにも,今一度感染防止対策の徹底にご協力をお願いいたします。


令和4年12月21日
鹿児島県知事
塩田康一

このページに関するお問い合わせ

総務部広報課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

RELATED LINKS関連リンク

  • 鹿児島県議会広報番組
  • MBCふるさとかごしま
  • ミエル!かごしま
  • 前原竜二の前向きチャンネル
  • ぐりぶーの県政お知らせ箱