更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

遣唐使

遣唐使は630年の犬上御田鍬の派遣を第1回とし,大和・奈良・平安時代を通して16回ほど行われた。役人,留学生,留学僧らを乗せた遣唐船の航路は,朝鮮半島沿岸を経由する北路,北九州から一気に東シナ海を横断する南路,南西諸島を飛び石とし東シナ海を渡る南島路の3つのルートがあった。遣唐使の中期には主に南島路が利用され,薩摩国に寄港・漂着した記録がある。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?