ホーム > 県政情報 > かごしまの紹介 > かごしまの概要 > 歴史・文化 > 原始・古代 > 耳取遺跡

ここから本文です。

更新日:2011年2月23日

耳取遺跡

平成12年3月に、約24,000 年前(旧石器時代)の地層(第1文化層)から、日本最古の石製の女性ビーナス像が発見されました。女性を象徴的に表したビーナス像は、これまで日本では縄文時代以降にしか発見されていないため、旧石器時代のイメージを変える発見として注目されています。
ビーナス像は,第1文化層から出土したナイフ形石器や剥片尖頭器,石核など総数203点の石器とともに,平成20年4月22日に県指定有形文化財(考古資料)となりました。
[平成20(2010)年県指定有形文化財(考古資料)]
・場所       
 遺跡は、現在の東九州自動車道末吉・財部インター部分(曽於市)に立地しています(標高350m)。
・資料展示    
上野原縄文の森展示館で必要に応じて展示
・問い合わせ先 
県立埋蔵文化財センター(0995-48-5811)

 

耳取遺跡出土石器

このページに関するお問い合わせ

教育庁文化財課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?