更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

熊襲

古代の南部九州に居住したとされる熊襲は,4世紀から5世紀にかけて大和朝廷の国家統一に抵抗し反乱を繰り返した。「古事記」「日本書紀」によれば,景行天皇,日本武尊などによる熊襲征討が行われたという。熊襲が比較的古い時期に姿を消し,かわって隼人が現れていることから,隼人の前身だとする説もある。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

歴史・美術センター黎明館総務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?