ホーム > 県政情報 > かごしまの紹介 > かごしまの概要 > 歴史・文化 > 原始・古代 > 大津保畑遺跡

ここから本文です。

更新日:2011年2月23日

大津保畑遺跡

平成18年~19年度の国道58号線改築工事に伴う発掘調査で、日本最古と推定される旧石器時代の落とし穴が12基発見されました。
 落とし穴は、約3万年前の堆積物である種4火山灰層の下で検出されたことから、現在日本最古であり、落とし穴の出自を考える上で重要です。
なお、本遺跡に隣接する立切遺跡では、同時期の礫群や炉跡などの生活遺構が発見されており,生活の場と狩猟に関わる落とし穴が近接して発見され,旧石器時代の遺跡のあり方(土地利用形態)や,狩猟方法を知る上で,全国的にも注目されています。
・場所         
種子島中央部(中種子町)の標高112mの台地上に立地しています。
・資料展示    
 中種子町歴史民俗資料館
・問い合わせ先 
中種子町歴史民俗資料館(電話0997-27-2233)
大津保畑遺跡(上空写真)

このページに関するお問い合わせ

教育庁文化財課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?