ホーム > 県政情報 > かごしまの紹介 > かごしまの概要 > 歴史・文化 > 原始・古代 > 横瀬古墳

ここから本文です。

更新日:2011年2月23日

横瀬古墳

横瀬古墳は古墳時代(5世紀末)の前方後円墳です。全長は約135メートル,後円部長72.5メートル,高さ約13.6メートル,くびれ部の幅は45メートル,前方部長さ62.5メートル,高さ 9.6メートル,周囲には幅11.3~18.7メートルの周濠が廻っています。なお,外側にもさらに周濠があり二重周濠の可能性もあります。
後円部の頂部には竪穴式石室があります。1960年代頃盗掘を受け,鉄製の直刀などが出土したと伝えられていますが,1997年・1998年の発掘調査で本県では珍しい円筒埴輪や形象埴輪(楯形・人物・器材),鎧,勾玉滑石製品,須恵器等が出土しました。大きさは県内第2位ですが,墳形は最も美しいものです。
[昭和18年(1942年)国指定史跡]
  • 場所
    大崎町横瀬の旧海岸砂丘地に立地し,周囲を水田に囲まれています(標高6m)。
  • 資料展示
    大崎町郷土資料展示室
  • 問い合わせ先
    大崎町教育委員会社会教育課(電話:0994-76-1111)
横瀬古墳の写真

このページに関するお問い合わせ

教育庁文化財課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?