ホーム > 教育・文化・交流 > 文化財・スポーツ > 学校体育 > 「運動大好き“かごしまっ子”」育成推進事業

ここから本文です。

更新日:2021年7月19日

「運動大好き“かごしまっ子”」育成推進事業

組の概要

鹿児島県教育委員会では,令和3年度から10年間の計画で,子どもの体力向上推進事業(「運動大好き“かごしまっ子”」育成推進事業)を推進しています。

事業概要(PDF:173KB)

   会議等

 「運動大好き“かごしまっ子”」育成推進事業においては,毎年,育成推進校連絡協議会(年1回),協力者会議(年2回),県体力向上検討委員会(年2回)を開催し,事業の充実を目指しています。

令和3年6月22日開催(「育成推進校連絡協議会」「協力者会議(武道等)」「県体力向上検討委員会」)(PDF:131KB) 

   研修会(セミナー)

 体育の授業における指導法や本県児童生徒の体力向上及び運動習慣の育成に関わる諸課題の解決に向けた取組等について研修会(セミナー)を開催しています。

令和3年6月29日,7月7日・8日開催「小・中・義務教育学校体育主任等研修会【南薩地区・大隅地区1・大隅地区2】」(PDF:139KB)

 

第1期推進校の取組

 

学校における取組

1科体育の充実

県教育委員会では,全ての児童生徒が楽しく安心して運動に取り組むことのできる授業の実践が,運動好きな児童生徒を育て,結果として体力の向上につながるものと考えています。

そのために「小中体育主任等研修会」,「小学校教諭等体育セミナー」,「運動好きな子どもを育てる指導者研修会」等の指導者研修会や「運動大好き“かごしまっ子”」育成推進校による研究公開等を通して,教科体育の充実と教員の指導力向上を目指しています。

また,学習指導要領においては,児童生徒が主体的・対話的で深い学びを実現できるように,授業を改善していくことが求められています。教科体育の充実を図り,児童生徒に育成を目指す資質・能力を身に付けさせましょう。

2科外体育の充実

間と楽しく集団で協力し合いながら運動に取り組み,積極的に外遊びや運動する機会を奨励する「チャレンジかごしま」へ取り組んだり,各学校の実態に応じて「一校一運動」の内容,実施時間を見直したりして,「一校一運動」の充実をお願いします。

た,児童会や生徒会企画の活動を工夫したり,運動を苦手とする児童生徒が無理なく継続して行える活動を工夫したりすることにより,「体を動かす,運動する」ことの楽しさを実感させることも重要です。

3庭との連携

 家庭に体力の必要性を理解してもらうとともに,児童生徒に運動する習慣を身に付けさせるために,家庭と連携した「一家庭一運動」を積極的に推進しましょう。

力向上プログラム(小学校版)では,手軽に親子で取り組むことができる運動を紹介しています。また,体力向上プログラム(中・高等学校版)では,体力要素(すばやさ,力強さ,タイミングの良さ,動きを持続する能力,体の柔らかさ)ごとに運動プログラムを紹介しています。保健便りや体育便り等に活用したり,学級PTA等で紹介したりするなどして,体力向上の重要性について家庭への広報活動を充実させるとともに,家庭と連携した取組を工夫しましょう。

各学校が,教科体育や教科外体育を充実させ,「子どもたちの運動への意欲・実践力」を育てるとともに,家庭や地域と連携して「子どもたちの運動の日常化・生活化」を図り,心豊かで運動大好きな“かごしまっ子”の育成に取り組みましょう。

 

武道指導充実・資質向上

 

 


 

 

 

このページに関するお問い合わせ

教育庁保健体育課

電話番号:099-286-5323

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。