ホーム > 生活安全 > サイバー犯罪のいろいろ > 詐欺,悪質商法(架空請求メール・恐喝メールなど)

ここから本文です。

更新日:2021年11月18日

詐欺,悪質商法(架空請求メール・恐喝メールなど)

概要

  • 架空請求メールとは,「動画サイトの利用料金が未払いである」などと身に覚えのない内容のメールを送りつけ,金銭をだまし取ろうとするメールです。
  • 恐喝メールとは,「あなたの恥ずかしい姿を撮影した」「知り合いにばらまかれたくなければお金を払え」などと脅しの内容のメールを送りつけ,金銭を要求するメールです。

具体的な手口

  • 「ご利用料金の確認がとれておりません。本日中に,●●-●●●●-●●●●お客様サポートセンターまでご連絡ください。」というメール(SMS)が来て,電話をしたら,名前や生年月日などの個人情報を聞かれたり,金銭を要求されたりした。
  • 「あなたのメールやデバイスをハッキングした。」というメール(SMS)が来て,「個人情報や恥ずかしい画像を公開されたくなければビットコインを支払え」などと金銭を要求された。
sagi-kyouhaku
出典:IPA(情報処理推進機構)「情報セキュリティ10大脅威2021『メールやSMS等を使った脅迫・詐欺の手口による金銭要求』」

https://www.ipa.go.jp/security/vuln/10threats2021.html

対処方法

  • 利用した覚えのない請求のメール(SMS)への問い合わせをメールや電話で行うと,あなたの個人情報を聞き出されて悪用されたり,金銭を要求されたりするので,返信する際は注意しましょう。
  • 利用した覚えのない請求に対しては支払わないようにしましょう。
  • 以前何気なく閲覧し,実際に会員となったサイトからの請求の場合もあります。会員登録をする際は,利用規約をよく読み納得した上で登録を行い,登録時の規約の内容を印字したり,ファイルを保存するなどしましょう。

このページに関するお問い合わせ

生活安全部サイバー犯罪対策課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?