更新日:2009年4月21日

ここから本文です。

薩摩琵琶

 薩摩琵琶は,伊作(現在の日置市吹上町南部)常楽院の開山(創立者)宝山検校が庶民に仏教の教えを広めるために始めた,いわゆる盲僧琵琶が源流になっていると伝えられています。元来,宗教音楽であった盲僧琵琶を芸術的な琵琶音楽にしたのは,戦国時代の武将島津忠良と,当時の常楽院住職渕脇寿長院です。この頃,琵琶が大形化し,演奏法も武士の好みに合せて勇壮なものとなりました。また,「崩れ」などの独特の弾奏法も始められ,戦記物を語る時の伴奏音楽としてもてはやされました。
 江戸時代になって,座頭風,士風,町風の3派に分れ,人びとに愛好され,近代になってからは,士風琵琶を継承し,明治から大正にかけて薩摩琵琶の全盛期を迎えました。
 現在伝承されている曲は「蓬莱山」のような祝賀歌,「城山」のような戦記物があります。
 
【問い合わせ先】鹿児島市役所
 

公開日時

  4月29日・11月中旬 薩摩琵琶弾奏大会
 

公開場所

 11月中旬 未定
 

開催風景

弾奏の様子
薩摩琵琶

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

総務部文化スポーツ局文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?