更新日:2009年4月21日

ここから本文です。

本城棒踊り

 本城棒踊りは、約200年以上継承されていると言われ、息災安寧と五穀豊穣を祈願して、花尾神社に奉納しています。
 花尾神社の春祭りは、毎年3月5日に近い日曜日に行われますが、それに合わせて唄は毎年奉納、踊りは1年置きに奉納されます。
 踊りは歌い手・踊り手が中心で、これに吹き流しと大提灯がつきます。構成は「手踊り」「棒踊り」「鎌踊り」「六人組」の四つの踊りとオタ歌で成り立っています。
 棒踊り保存会には、唄部会と踊り部会があり、唄部会は高齢者が中心となって唄の保存を行い、踊り部会は若手が中心となって青少年の指導にあたります。
 平成17(2005)年に鹿児島市無形民俗文化財に指定されました。
 
【問い合わせ先】鹿児島市役所
 

公開日時

  3月第1日曜日(1年置きに奉納)
 

公開場所

 

開催風景

本城の花尾神社境内での棒踊り
本城の花尾神社境内でのお田打ち
踊り子の集合写真

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

観光・文化スポーツ部文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?