更新日:2009年4月21日

ここから本文です。

小池島廻り踊り

 桜島では、春の彼岸に岳詣り、秋の彼岸には島廻りを行っていました。島廻りは、島津家第19代藩主光久の時代に始められ、豊年祭りの意味を持っていたと言われていますが、次第に青壮年の腕力の優劣を競う競技となっていったようです。
 島廻りの船は、八丁櫓で38人~40人を乗員とし、競技が行われていました。周りの船には着飾った女性が乗り、三味線・太鼓・唄・踊りで花を添えたと言わていれます。大正3年の桜島大噴火で瀬戸海峡が埋まり、島廻り競争は廃れていきました。今日ではこの島廻り踊りだけが、往事の伝統を受けつぐものとして残っています。
 踊りは、踊り手が浴衣にずきん、漕ぎ手がはっぴに鉢巻きのいでたちで、手に持った扇を使って踊ります。伝統を引き継ぐ責任と、後継者育成を大切に考えて活動をしています。
 平成17年に鹿児島市の無形民俗文化財に指定されました。
 
【問い合わせ先】鹿児島市役所
 

公開日時

   7月、10月 
 

公開場所

  桜島溶岩グラウンド内、 桜島ふれあい広場(火の島まつり)、桜島総合体育館(秋祭り)
 

開催風景

踊りと漕ぎ手1
踊りと漕ぎ手2
三味線、太鼓、漕ぎ手

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

観光・文化スポーツ部文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?