更新日:2009年4月21日

ここから本文です。

西俣八丁杵踊り

  この踊りは昔、西俣下集落にあった諏訪神社の奉納踊りの一つでした。しかしこの諏訪神社は他所に合祀されたため、保存会では地域の文化祭等で発表を続けています。
 踊りは太鼓2人、三味線2人、歌い手2人、踊り子15人ぐらいで、ひょっとこ・お多福・天狗等の面をつけ、タオルの鉢巻きをほおかぶりに、単衣の長衣装に白のももひき、白足袋にわらじ履き、緑のたすきがけ、袴履きのいでたちです。一人は大きな鯛をかたどったもの、また一人はヒョウタンをかたどったものをそれぞれ腰に下げ、所狭しと飛び跳ねて踊ります。
 踊りの構成は、最初「道開き」で勇敢に跳びながら円を作り、次に「出羽」「庭踏み」と続き、さらに二列横隊に座を取り、唄いに合わせて左四つ・右四つといわゆる八丁杵の動作をし、囃子に合わせてカマキリのまねで面白おかしく踊って幕になります。
 平成17年に鹿児島市の無形民俗文化財に指定されました。
 
【問い合わせ先】鹿児島市役所
 

公開日時

 未定
 

公開場所

 未定
 

開催風景

踊りの様子(始め)
カマキリの所作
踊りの様子(終わり)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

観光・文化スポーツ部文化振興課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?