ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成27年度 > 株式会社平島は霧島市と立地協定を締結しました

更新日:2015年5月18日

ここから本文です。

株式会社平島は霧島市と立地協定を締結しました

hirasima

平島社長(中央左),前田霧島市長(中央右),常盤霧島市議会議長(右)

式会社平島は、大正12年、当時バケツが木桶の時代に、熊本市においてトタンバケツの製造を行う平島バケツ製作所として設立されました。その後、トタン及びトタン加工品の販路を建築板金業へ拡げ、平成元年に現在の社名となり、販路を熊本県から大分県、福岡県へと伸ばしました。
県には、平成18年3月、霧島市国分上野原テクノパークへの南営業所開設により進出し、本県と宮崎県を販売エリアとして、屋根・壁等の金属系外装材の製造を行っており、平成25年2月には工場を増設しています。
回の増設は、現在の工場が手狭になったことや、市場で高い評価を受けている軽量・高性能の金属系建築資材の需要増加に対応するために決定されたものです。また、増設に当たっては、生産の効率化を図るとともに、安全で快適な職場環境を作り、操業及び働く環境の改善を図ることとしています。
回の増設により、地域における雇用の創出、活性化はもとより、地域経済の浮揚発展に大きく寄与するものと期待されます。

立地協定日

平成27年4月21日(火曜日)

株式会社平島の概要(本社)(外部サイトへリンク)

(1)所在地:熊本県熊本市西区島崎二丁目4番6号

(2)創業:大正12年10月

(3)設立:昭和27年10月

(4)代表者:代表取締役社長平島良介

(5)資本金:2,100万円

(6)従業員数:29名(平成27年4月現在)

(7)事業内容:鉄鋼二次製品(薄板鋼板)の建築資材加工

(8)年商:28億3,200万円(平成26年度実績)

株式会社平島南営業所(第一・第二工場)の概要

(1)所在地:霧島市国分上野原テクノパーク8番

(2)用地面積:9,000平方メートル

(3)建物面積:4,000平方メートル

(4)操業開始:平成18年3月(第一工場)、平成25年8月(第二工場)

(5)従業員数:14名(平成27年4月現在)

(6)事業内容:鉄鋼二次製品(薄板鋼板)の建築資材加工

増設工場の概要

(1)工場名:株式会社平島南営業所第三工場(仮称)

(2)所在地:鹿児島県霧島市国分上野原テクノパーク8番

(3)用地面積:6,000平方メートル

(4)延床建物:4,950平方メートル

(5)着工予定:平成27年6月

(6)操業予定:平成28年1月

(7)投資予定額:5億円(建物4億円,設備1億円)

(8)新規雇用者:5名

(9)事業内容:鉄鋼二次製品(薄板鋼板)の建築資材加工

(10)生産計画:3億円(平成28年度)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?