ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成27年度 > 有限会社やまた水産食品は阿久根市と立地協定を締結しました

更新日:2015年11月2日

ここから本文です。

有限会社やまた水産食品は阿久根市と立地協定を締結しました

yamatasuisan

畑利廣代表取締役社長(中央),西平良将阿久根市長(左)

限会社やまた水産食品は,地元水産物の卸売り及び加工販売を目的として,阿久根市大川にて大正時代に創業,昭和59年に法人化した水産加工食品会社です。
社は,阿久根漁港で水揚げされたアジ,サバ,イワシをはじめとする地元水産物を冷凍刺身商材,水産調理・調味食品,水産練り品等に加工するなど,大手水産会社が手掛けないニッチな商品の多品種生産に取り組んでいます。
回の工場増設は,近年,中食産業の市場拡大に伴い冷凍食品の需要が増加し,大手水産食品会社との取引が拡大していることや,同社の代表的な独自製品である「お魚パスタ」に続く新たな商品の開発を行うため,本社隣接地に工場を増設し,衛生管理の向上,生産能力の増大・品質の向上を図ることを目的に計画されたものです。
お,新商品の開発に当たっては,地域における農産物生産者とのコラボレーションも視野に事業を展開することとしています。
れにより,地域における雇用創出および活性化はもとより,地域経済の浮揚発展に貢献するものと期待されます。

立地協定日

成27年10月29日(木曜日)

有限会社やまた水産食品の概要(外部サイトへリンク)

(1)所在地:鹿児島県阿久根市晴海町11番地
(2)設立:昭和59年12月(創業:大正時代)
(3)代表者:代表取締役社長畑利廣
(4)敷地面積:3,411.97平方メートル
(5)建物面積:1,027.41平方メートル
(6)従業員数:35人(平成27年7月現在)
(7)事業内容:農水産物の卸売及び加工販売
(8)資本金:1,000万円

増設工場の概要

(1)工場名:有限会社やまた水産食品
(2)所在地:鹿児島県阿久根市晴海町11番地4、11
(3)建物面積:507.91平方メートル
(5)着工予定:平成27年11月
(6)操業予定:平成28年4月
(7)投資予定額:約1億円
(8)事業内容:地元水揚げの未利用低利用魚の商品開発と加工販売(マイワシ・ウルメイワシ・アジ・サバ・キビナゴ・サゴシ・薩摩赤エビ等)
(9)新規雇用:11人(正社員6人,パート5人)
(10)生産計画:約1億円/年

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?