ホーム > 産業・労働 > 企業立地 > 立地協定 > 平成28年度 > 山田水産株式会社は志布志市と立地協定を締結しました

更新日:2016年10月20日

ここから本文です。

山田水産株式会社は志布志市と立地協定を締結しました

山田水産(株)

山田水産株式会社山田陽一代表取締役(中央右)、本田修一志布志市長(中央左)

田水産株式会社は,昭和38年に大分県佐伯市において個人創業,昭和48年9月に法人化し,大分,宮崎,鹿児島を拠点に冷凍餌料,水産加工品の製造販売に取り組んできたところです。
成5年に垂水市に水産食品加工場(垂水事業所)を設立し,平成9年に志布志市有明町に養鰻場を,平成11年には養鰻場の隣接地に鰻の加工場(有明事業所)を建設した。平成12年には『完全無投薬』の鰻の養殖から蒲焼加工,出荷までの一貫生産体制を確立させ,鹿児島産の鰻の蒲焼きとして大手量販店のブランド商品に採用されるなど,量販店を中心に販路を拡大。『安心・安全・美味しい』のこだわりにより鰻製品の販売量は年々増加し,出荷量は全国トップクラスとなっています。
に,平成23年3月,東日本大震災により甚大な被害を受けた宮城県の石巻事業所を6ケ月間で復旧させ,地元の復興に大きく貢献できたところです。
回の工場増設は,今後の需要増が見込まれる鰻蒲焼の真空パックの生産能力の強化や各種水産加工品及び地元産の農産物を使用した惣菜などの製造を行うために決定されたものであり,併せて,鰻の蒲焼きをはじめ,地元食材を利用したレストラン及び店舗を工場に併設する計画です。
れにより,地域における雇用の創出,活性化はもとより,地元農産物の有効活用が図られるなど地域経済の浮揚発展に大きく貢献するものと期待されます。

立地協定日

成28年10月12日(水曜日)

山田水産株式会社有明事業所の概要

(1)所在地:志布志市有明町野井倉3581
(2)敷地面積:15,104平方メートル
(3)建築面積:6,067平方メートル
(4)操業開始:平成11年10月
(5)従業員数:112名
(6)事業内容:ウナギの加工

増設工場の概要

(1)工場名:山田水産株式会社布志工場
(2)所在地:鹿児島県志布志市志布志町志布志1286番3
(3)敷地面積:17,949平方メートル
(4)建築面積:5,882平方メートル
(5)投資予定額:約15億円
(6)着工予定:平成28年10月
(7)操業予定:平成29年3月
(8)新規雇用:50名程度
(9)事業内容:水産食品(ウナギ等)パック加工,農産物等フライ加工,レストラン及び店舗
(10)生産計画:年間20億円

親会社の概要(外部サイトへリンク)

(1)所在地:大分県佐伯市野岡町1丁目5番3号
(2)設:昭和48年9月
(3)代表者:代表取締役社長
(4)従業員数:463名(平成28年7月現在)
(5)事業内容:ウナギの養殖・加工卸売,水産物,飼料加工卸売
(6)資本金:2億9,450万円
(7)年:年間146億円(平成28年5月期)

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

商工労働水産部産業立地課

電話番号:099-286-2983

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?