更新日:2007年12月5日

ここから本文です。

取り組み例(打ち水の効果)

伝統的住生活の知恵である打ち水は、地面に撒いた水の蒸発効果により地表面の温度を下げ、そこから熱放射を和らげ気温の低下を促します。打ち水効果を最大限に活かすためには、緑陰部分への散水が最も効果的です。また、地表面を緑化できない歩道部分等にも、透水性のある敷石等を敷くことによって打ち水による表面温度の低下が期待できます。
打ち水には貯留した雨水を利用すると、水資源の有効利用にもつながります。

図10-4 散水による表面温度の変化
沖縄県「沖縄県環境共生住宅基本計画」より作成


よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

土木部建築課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?