更新日:2017年9月20日

ここから本文です。

吹上浜県立自然公園

○指定年月日和28年3月31日
○指定面積3,214ha平成24年4月1日現在
○含まれる市町村さつま市,日置市,いちき串木野市

※公園区域については,環境アセスメントデータベース(外部サイトへリンク)をご覧ください。

景観

吹上浜県立自然公園は,いちき串木野市羽島崎から南さつま市相星川河口に至る東シナ海に面した約47kmに及ぶ弧状の砂丘海岸地帯が指定されています。
この砂丘地帯では,地形の高低や幅など変化が多く,砂丘美と規模の広大な景観は,鳥取砂丘,九十九里浜と並ぶ日本三大砂丘の一つとなっています。
また,伊作川と小野川の間には,砂丘砂の堆積により水が堰き止められてできた堰止湖群が見られ,この最大のものがさつま湖です。
吹上浜

植物

砂丘の汀線により内陸に向かってコウボウムギ群落,ケカモノハシ群落,ハマゴウ群落,チガヤ群落があり,クロマツ林へと移行しています。群落の中には多くの地下茎又は根茎の発達した植物があり,砂の移動を止める働きをしています。
 
海岸地帯では,特殊な分布であるハマゴウやコクテンギ,サツマノギクなどが生育しています。
また,いちき串木野市羽島崎では,本土で少なくなりつつあるビロウが群生し,アコウやスダジイ,ヤブニッケイなどが混生し,フウトウカズラやカカツガユ,ツルコウジなどが下層に見られます。また,海岸の岸壁地には,サツマノギクやハマウツボなども生育しています。
吹上浜の海岸植物

動物

 
鳥類では,海岸,湖沼,河口などでマガモ,カルガモ,ヒドリガモのカモ類やウミウ,シロチドリ,ハマシギ,コサギ,アオサギなど,松林でエナガやシジュウカラなどを見ることができます。
海岸線一帯は,本県におけるウミガメの主要な産卵地であり,毎年5月から7月にかけて夜間に上陸し,産卵しています。
なお,県では昭和63年に「鹿児島県ウミガメ保護条例」を制定し,ウミガメの捕獲,ウミガメの卵の採取を禁止しているほか,「県立自然公園条例」により,ウミガメや砂丘植生などの動植物の保護や自然景観の保全のため,海浜部への車馬等の乗り入れを規制しています。

利用上のワンポイント・アドバイス

○吹上浜の美しい海岸線の景観を南薩の霊峰といわれる金峰山から一望することができます。
○広大な松林の中には九州自然歩道が縦走しており,森林浴を満喫することができます。
○また,海岸線ではウミガメの産卵を観察することができ,春から秋にかけては,潮干狩りやキス釣り,観光地曳網を楽しむことができます。

よくあるご質問

このページに関するお問い合わせ

環境林務部自然保護課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?