ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 対策会議等 > 対策本部会議 > 鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第10回)を開催しました

更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第10回)を開催しました

1日時

令和2年4月21日(火曜日)15時00分~

2場所

6階大会議室

3出席者

知事,副知事,各部局長,医療関係者,関係団体

4内容

1感染症の発生状況について
2全国への緊急事態宣言を受けた鹿児島県の対応について
3意見交換

5協議結果

令和2年4月21日(火曜日)に,鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第10回)を開催しました。
会議では,県から「感染症の発生状況」「全国への緊急事態宣言を受けた鹿児島県の対応」について話し合われ,意見交換が行われました。
知事からは,次のとおり発言がありました。

4月16日に,国において鹿児島県に緊急事態宣言が出されました。それを受けて私から,県民の皆さまへ不要不急の帰省や旅行など,都道府県をまたいで移動することを避けること,事業者の皆さまへ職場における感染防止の取組の実施などをお願いしました。
さらに,17日に「全国の緊急事態宣言を受けた鹿児島県の対応」を決定し,学校の臨時休業などについてそのご協力をお願いしたところです。
一方,本県における新型コロナウイルスの感染については,17日以降,相次いで感染者が確認されており,当初は県外で感染されたものと考えられる方だけでしたが,最近の事例では,県外で感染された方と接触して感染したものと考えられる方が確認され,感染が拡大している状況です。
このような状況を受けて,昨日は,県民の皆さまに対して,一人一人の行動が,自分だけはという行動が多くの感染者を生むことにつながっていくことを申し上げました。そして,ゴールデンウィークが重要な時期であり,感染拡大防止に向け,自分を守る,家族を守る,ふるさと鹿児島を守る,社会を守る,そういう意識をもって,取り組んでいただくよう強くお願いを申し上げたところです。
本日は,「全国の緊急事態宣言を受けた鹿児島県の対応」について,地域学校関係者や社会福祉施設関係の方々と情報共有するとともに,鹿児島大学病院の川村准教授にお越しいただき,感染拡大防止のために必要な対応等について,意見交換をさせていただくこととしております。
今後ともより一層,関係機関の皆様と連携協力し,緊張感をもって,感染拡大防止に向けて取り組んでまいりたいと考えておりますので,よろしくお願いします。

最後に,今後とも,関係の皆様と情報を共有しながら,県としても万全の体制を取っていきたいと考えており,引き続き,皆様方の御協力をお願いし,会議を終了しました。

6会議資料

会議資料(PDF:602KB)


 

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?