ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 県民の皆さまへ > 県の取り組み > 対策会議等 > 対策本部会議 > 鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第39回)を開催しました

更新日:2021年10月7日

ここから本文です。

鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第39回)を開催しました

1

和3年9月28日(火曜日)19時~

2

6階大会議室

3席者

事,副知事,関係部局長等

4

  1. 本部長あいさつ
  2. 新型コロナウイルスの感染状況等について
  3. まん延防止等重点措置の解除を踏まえた県の対応について
  4. その他

5議結果

9月28日(火曜日),鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
会議では,まん延防止等重点措置の解除と本県のステージ判断及び今後の県の対応等について協議しました。
現在の感染状況については,新規感染者数が連日1桁の水準であり,病床使用率も9月26日時点で10%台まで低下し,ステージⅢの水準を下回る数値となっていることなどから,本日,国の対策本部において,本県のまん延防止等重点措置の解除が決定されました。
一方で,本県独自の緊急事態宣言については,8月の爆発的な感染を繰り返さないよう「感染拡大警戒期間」に移行するとともに,感染拡大の警戒基準については,リバウンドの懸念があるため,10月1日から「ステージⅢ」とすることを決定しました。
このことに伴い,県内全域の飲食店及び鹿児島市の大規模集客施設の時短要請や不要不急の外出自粛,県有施設の休館などの利用制限も,9月30日をもって終了としますが,感染拡大の防止に向けて,感染拡大地域との不要不急の往来や来県の自粛は,お願いすることとしました。
さらに,県民向けの観光需要喚起策「かごしま旅クーポン」については,10月1日から利用の自粛要請を解除するとともに,追加販売を開始します。また,利用については,既に販売した分を含め,来年1月31日まで延長することとします。
秋の行楽シーズンを迎え,イベント等で人が集まる機会も多くなるかと思いますが,ワクチンを接種していても,過信することなく,感染防止対策の徹底を図り,会食の際には,小人数・短時間とし,第三者認証店舗など感染防止対策を講じた店舗をご利用いただくなど,警戒を緩めず,引き続き,感染防止対策の徹底を図ってくださるようお願いします。
県民の皆様方の責任ある行動がご自身だけでなく,大切なご家族,友人,周りの方々の健康と命を守ります。お一人お一人が責任ある行動をお願いします。

6議資料

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

くらし保健福祉部健康増進課新型コロナウイルス感染症対策室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?